検索

グラデーションの最中にいるという感覚。





駅のホームで、JKちゃんてなんでこんなにみんなお肌ぷりぷりで髪がツヤツヤでサラサラなんだろうと賑やかなJKちゃんたちに見惚れていると、どうぞ、と席を譲ってもらってしまいましたメイク講師が12時をお知らせいたします。









おじいちゃんに席を譲るのが必ず良いわけではないというあれを体感しました。でも座れて嬉しいです。














さて、来年からスタートするあれこれに胸が高鳴っております。





今まで自分が避けてきたといいますか、私の道ではないと決めつけていたことに関わることになるのですが










最初は不安などのネガティブな感情が湧くものの、少しずつ、それに慣れてきたり、ポジティブな面を探したり、





できない理由を探す日々から



できるようにする方法探しへと、脳も心もシフトしてきたような気がします。






グラデーションの最中な気持ちです。









もう少しで、全力でそちらに向かえるのかもしれないなぁと、



グラデーションという、ある意味モヤモヤする今の期間を、客観的に眺めているような、時が来るのを待つような、身を任せるような感覚かもしれません。









こんなときこそ、頭で考えることはやめないにせよ少しペースダウンさせて、



カラダで感じることや、ご縁を素直に大切にすることに集中したほうが上手くいくような気がします。








というわけで、今日はがっつりデスクワークの日、の予定でしたが、




急遽ちづるさんのヨガスタジオへ






お昼間のヨガクラスは、今のわたしにはいろいろ贅沢すぎると思っているので



仕事を置いてスタジオへ



というのはしばらくお休みしていましたが








人気クラスがたまたま予約できたので、これもご縁かもということで。











お昼の1時間、今の自分の状態を観察してくるとします。



(あとは昨夜寝る前のクラフトビールにより、むくみに浮腫んだ顔とカラダを、1時間で少しでもどうにかしたいと思います)















あなたには、自分自身のグラデーションを感じる時がありますか?










その複雑さも、期間限定と楽しんでまいりましょう。











それでは今日もステキな1日をお過ごし下さいませ◎












noriko