(HP限定)コモディティ化と伸び代


キレイになりたい、と思ったとき、じゃぁ何をすればいいのか?と考えます。

そして、その『何を』または、『何から』の判断が難しかったりします。

メイクはとくに顕著なのですが、その『何を』するかを決める判断軸は、

"伸び代"

であると考えています。

そして、この"伸び代"にはトラップが。

苦手を克服

コンプレックスをむしろ生かして

など、一見伸び代とも思えそうな、マイナスの部分。

もちろん、現在のポイントが低ければ、その分伸び代があるとも考えられますが、本当にそんな簡単なことでしょうか?

コンプレックスや苦手を克服しなければならない状況のメンタルを考えれば、

案外、"伸び代"はそこではないのかもしれませんね。

伸び代、それを伸ばすのは、自分自身です。

誰かが伸ばしてはくれません。

となれば、自分のメンタルが常に健全でアクティブでなければ、伸び代があっても伸ばせられないと感じます。

と、そんな自分のメンタルも冷静に把握したうえで、さて、伸び代はどこにあるかな?

こんな思考から、計画を始めてみるとスムーズですね◎

この令和時代、どの女性も魅力的で、みなさんキレイ、美しい。

ちょっとばかりトレンド感のある服をきただけでは、

ちょっとばかりメイクが上手なだけでは、

ちょっとばかり肌がツヤツヤなだけでは、それは案外、平均点だったりします。

平均的な美しさを狙い努力することは、もはや、パフォーマンスが低いのかもしれませんね。

頑張ってるのになんだか輝けない!

と感じてしまうことが多々ありますが、それはもしかしたら、そんな美的コモディティ化の影響なのかもしれません。

(テクノロジーに関してよくコモディティ化と言われますが、メイクもかなりそうだと感じます。メイクってテクノロジーと連動してますから。このお話はまた今度ゆっくり。)

じゃぁ、あなたはどこを伸び代にしますか◎?

そんなことを考える時間もまた、探検みたいで楽しいものですね◎

あなたの美しさと価値は、あなたが決めてくださいね◎

世界に1枚のメイクレシピが、

そんな世界に1人であるあなたをさらに魅力的に見せてくれますように◎

それでは今日もステキな1日を◎