サバティカルタイム



憧れのサバティカルタイム。

コロナが終息したら、や、仕事が一区切りしたら、など

いつかは体験してみたい、と、ぼんやり思っていましたが

ある意味、今の私のワークスタイルもサバティカルタイムだな

と思い、そう呼ぶことにしました。笑

サバティカルタイムとは

以下、Wikipediaより

サバティカル(英: Sabbatical)とは、使途に制限がない職務を離れた長期休暇のこと。

(概要)

長期間勤続者に対して付与され、少なくとも1か月以上、長い場合は数年間となることもある。6日間働いた後、7日目は安息日とする旧約聖書のラテン語 "sabbaticus" (安息日)に由来する。

さすがに1ヶ月のサバティカルタイムは、フリーの私には現実的ではないかもしれませんが、この春からしばらくの間(出張が完全通常運転になるまでは)、毎月のオフをまとめてとることにしています。

1〜20日までは主にメイクのお仕事、21〜31日をフリーにしています。

(ブランディングやインターンや講演や、Personal Make Lesson 以外のお仕事は入ります)

"自分の時間の3割は未来への投資に使う"

というキングコング西野さんの言葉に影響を受けてから、ここ数年はできるだけそう意識していて、メイク以外の活動に3割を使っています。

なのですが、集中力や効率をいろいろテストしている中で、物理的に区切ってしまうのはどうだろう?という仮説が生まれ、

"3割"をまとめてみることにしました。

とはいえ、月間10日なので、通常社会人の休暇の日数と同じです。

ただそれをちょこちょこ取るか、まとめて取るかの差ですが、10日連続、というのは私の中で、しっかりサバティカルなわけです。

というわけで、今月は今日からサバティカルタイムに突入です。

落合陽一さんの新書を、Kindleで買うか迷ったあげく、のんびり山の中で読もうと思い、紀伊國屋で。

今日は中身をチラチラ覗いて、明日は終日山籠りの予定です◎

今月は、どんな探検になるのかなぁ、と、ソワソワワクワクしております◎

また一つ一つ、ご報告させていただきますね◎

さてさて、今日は美文字教室、お料理教室、とある企画のまとめ、など。

また落合さんの本をチラチラ見ながら、そろそろ帰ろうかなと思います。

早めに帰ってたっぷりヨガです◎

夜のヨガは、後ろの予定を気にしなくていいので、のびのびできる気がしてこれはこれで気に入っています。