検索

センスかスキルか。






子どものころ、干しぶどう を 星ぶどう だと思っていましたメイク講師が19時をお知らせ致します。











ぶどう は好きなのに、 星になると美味しくないなぁ、と給食の際に苦戦していました。











さて、センスとスキルについて考えています。


大ファンである楠木建さんの記事によりますと






センスは他者が「育てる」ものではありません。当事者がセンスある人に「育つ」のです。

だとしたら経営には何ができるか。


直接的にセンスを教えることはできませんが、センスが育つ環境を整えることはできます。



-DAIAMOND ハーバービジネスレビューより-











最近、センスがやばい、と感じる方々とご一緒させていただく時間が多いのですが、




(こんなことをいうのはどうかと思いますが)私にはセンスはありません。



とにかくセンスがない。

昔からの悩みだったりします。





ガリ勉で運動大好きでしたが、芸術の評価が低い。



周りのセンスのいい女の子たちが眩しい学生時代でした。








ですがひょんなことから今の職業へ。







もちろん苦戦しました。(しています)







センスを磨く、感性を磨く、ということを大事だと思いながらも、




やはりセンスは持って生まれたものが大きく、次に環境だと感じます。








それに対して、スキル、は(比較的に)、育てていけるものだと感じます。








なので私はとにかく、スキルを育てることには努力を惜しまないように、と自分を律しています。






苦手だと思うことも、センスではなくスキルなのだとしたら、一旦向き合います。



最初は苦しいものですが、ここはやはりスキル。


少しずつでも必ず育ってくるものです。






そしてある一定のところを超えると、他の人よりもできるようになっていたりします。








その過程で、身につくことはたくさんです。









そして、センスが眩しい方々との取り組みは、


そのセンスの部分は全てを任せて信頼して、




自分は自分のスキルを生かせるよう頭を使う








こんな心地よいプレッシャー、いいものです。









最近ひとつだけ苦手を克服しつつあることがあります。



1年以上かかりましたが、ほんの少しだけたのしくなってきました。



この忍耐力もある意味スキルなのかもしれません。










あなたはセンスとスキル、どちらが強みですか?











それでは今日も一日お疲れ様でした◎












noriko