top of page
検索

ドキドキしてますか?


ロンハーマンカフェにてお隣が紳士な外国人のおじさまたちなのですが、「西陽がさしてきたので、後ろのカーテンを閉めましょうか?」と店員さんがその紳士にお声掛けをされていて、「大丈夫です」と紳士がお答えになり、「お客様は大丈夫ですか?」と私にも聞いてくださったのですが、結構背中暑いなと思いながらも素敵な紳士が断られたので、閉めてくださいが言えなかったメイク講師が15時をお知らせ致します。











フリーランサーとはいえいろんなものに迎合して生きています。













さて、ドキドキしてますか?









定期的にこのタイトルを使い回したくなるのですが、今日はそんな気分です。





先日Personal Make Lesson の素敵なお客様と、こんなお話に。





コスメカウンターで、素敵な男性メイクアップアーティストの方にメイクされている女性をみて、


いいな〜と素直に思ったり、緊張しちゃうから無理と思ったり。




私はお仕事柄、男性メイクアップアーティストにメイクしていただく機会は結構ありますが、それでもやはり、毎回ドキドキします。


(親しい方でも、です。メイクの距離ってもうそういう問題ではないのです)



介護施設でのお化粧教室でも、そんなシーンはよくあります。


私がメイクさせていただくよりも、男性理学療法士さんがメイクされる方が、明らかに嬉しそうな方は少なくありません。


これってきっと、生涯女性とはそういう生き物なのだと思うのです。





先日、とあるうっとりな時間を過ごした際、翌朝のお肌の艶が全然違うことを再確認し、





うん。そんなもんだよな。





と、変に色々納得しました。







年々劣化していく自分のフィジカルに争いたいと思うからこそ、ちょっとしたトキメキは大事にしたいと、しっかり目に感じております40歳でございます。






対象はなんでもいいと思うのです。


アイドルでも、同僚でも、なんなら人ではなく、メイクや趣味やお仕事に夢中になっても。






ドキドキしてますか?






定期的に自分に問いかけていきたいと思います。











さて、今日は快晴の神戸でトキメイております。美しい街にいると女性ホルモンが活性化される気がします。











それでは今日も素敵な1日をお過ごしくださいませ◎









noriko















Kommentare


bottom of page