(HP限定)ボーイフレンドに寄せるかどうか問題




自分に余裕がある時は




彼の希望をどんどん叶えてあげられる気がします。






自分の好みではない服も楽しく着られて、


彼の好きになメイクを楽しめて、


多忙な彼のスケジュールに合わせることにも何の違和感もなく。







むしろ、そんな尽くしてあげている(風)の自分の方が余裕があるとすら思えたりします。








ですが、自分に余裕がない時は、これらの同じことも、自分はいいように使われているのではないか?彼に媚びているのではないか?自分の人生を生きていないのではないか?(最後はかなり壮大に。笑)と、モヤモヤし始めたりします。










つまるところ、


"自分の状態"次第ですね。







今の自分が"いい感じ"であれば、自分の辞書が前向きに変わり、全ての物事を前向きに捉えられるようになります。









自分を保つために最も重要なのはというと、





自分が"いい感じ"でいること。







な気がしています。




(こういうとかなりふんわりですが、ですが本質だと思います)









余裕ができれば、どこまでも少年でわがままなボーイフレンドにも、女神の気分で対応できるのかもしれません。









ボーイフレンドに寄せるかどうか問題。


実は答えは自分の内側にありそうです。










写真は、Amplitudeの秋の新色。

コンスピキュアスダブルアイズ 12




おそらく今季のマイベストコスメ!






ブラウンのリップを合わせたりするとさらに◎







"いい感じ"すぎて、レッスンでの使用頻度がかなり高めです。











自分に余裕をもちたいときの心強い味方になってくれる気がします。








改めて、メイクの魔法を感じた新色でありました◎






(これでしばらく、わがままボーイにも女神対応できそうです。)












それでは今日もステキな1日を◎














noriko