検索

モテメイクというのは存在しないのですが、でも。






沖縄にきたらブルーシールアイスでしょう、と前半はコンビニでブルーシールをチョイスするのですが、滞在後半はしろくまになりがちなメイク講師が10時をお知らせ致します。













あずきバーもありがちです。














さて、木下勝寿さんの著者を再読中です。2回目は落ち着いて読めるので、感じ方が大きく異なることを楽しんでいますが、ウルフ・チーフの法則という、いわばパーソナライズされたマーケティングにしか意味はないという類のお話は、atelierR 的にはど真ん中にあたります。









朝からまたこめんどいことを、というお声が聞こえてきそうですが、モテるためのお話なのでどうぞお付き合いください。










モテメイク、という言葉を聞いて、どんなメイクを想像しますか?





田中みな実さんのようなジューシーなお肌ですか?


または、石原さとみさんのような涙袋ぷっくり、くちびるぷっくりなメイクでしょうか?







多くのひとが、このようなかわいらしさとほんのり色っぽさと、みたいなメイクを想像するのかもしれません。









もちろん、これらのメイクは男性ウケがいいと思います。















相手によります。







ウルフ・チーフの法則とは





『群れに向けて槍を投げれば、どれか一頭には当たるだろう。』



と思って群衆めがけて槍を投げても一頭も当たらない



群れとはいえ、一頭一頭異なる動きをしているのだから。







みたいなお話なのですが、







モテ という、群衆をめがけたアクションというのは、実は誰一人として刺さらない






というわけです。








こんなにも、個人の選択が自由になり、趣味嗜好も多様化し、アンチエイジングのテクノロジーが進化した昨今。




これだけすればモテる、みたいな発想はほぼ幻だと思います。






自分にもオリジナルな好みがあるように、相手にもそれぞれの好みが存在します。





といわけで、モテメイク、というものは存在しないということになります。
















せっかくメイクをするならば、いろんな楽しみがあっていいと思いますので、メイクをどのように活用すればモテることができるのか、を考えた結果、素晴らしい概念が浮かびました。











メイクを上手に仕上げるために、時間を使う。










です。












解説します。




メイクを綺麗に仕上げる、というのは、その日だけのお話ではありません。


そもそも、似合うメイクを知っていなければなりませんし、メイクの技術も磨かなければいけませんし、メイクノリのいい素肌を育てなければなりません。



となると、やることは盛り沢山です。





メイクの情報収集、コスメの購入、スキンケアをする時間、代謝を上げる運動や温活の時間、フェイシャルマッサージに、パックに、もっというと食生活やら、ストレスマネジメントや、あぁそうか、そもそも睡眠時間の確保だな・・・









と、メイクを綺麗に仕上げることに本気で集中すれば、24時間の中の隙間時間なんてあっと言う間になくなります。






そうすると、





気になる彼を追いかけてしまう時間は無くなりますし



彼からのLINEを待つ時間はなくなりますし



構ってちゃんなSNS発信もなくなります。











忙しくなるのです。







いい意味で、忙しくなるのです。













モテメイクという万人ウケはないかも知れませが、この、








“自分を高めるために人知れず自己投資しているひと“


(いい意味で忙しくて僕の相手をあんまりしてくれないひと)







は、おそらく、万人ウケだと思うのは私だけでしょうか。














というわけで、モテメイクとは存在しませんが、メイクを綺麗にできるように努力すること







モテるはずです。


(noriko調べ)












朝からこんなことを考えている私は忙しいです。














あなたは、何かに夢中になっているひと、好きですか?












それでは今日も素敵な1日をお過ごしくださいませ◎













noriko