リップとチラリズムのお話。






「最近リップを塗っていなくて。。」









メイクレッスンでは、やや申し訳なさそうに、そうお話になる女性が多くいらっしゃいます。






マスクな日々に、メイクへの意識が薄れてきて当然で、さらに、色移りが特に気になるリップは、どうしてもネガティブな気持ちになることも。










マスクをつけることが当たり前になった今、メイク、とくにリップの意味が大きく変わったように感じます。









R辞典2021でも触れていますが、今、リップメイクはその人の



"美意識"




を表現していると感じます。







塗らなくても誰かに見られない。


たとえ何かのタイミングで見られても、マスクのせいにして塗ってないことにさほどのマイナスはない。







という環境にも関わらず、それでも美しいリップメイクをされている方に出会うと、はっとします。







これは、ランジェリーの存在とよく似ていると感じます。








ランジェリーは、(日常では)人に見せません。


上から服を着ればその瞬間に、なかったことになります。







ですが、ふたした瞬間に誰かの目に触れることがあります。







ヨガスタジオの更衣室で。


鎖骨の空いたニットから紐がチラリと。


薄手のシャツからほんのり透けて。


トレーニングの際のピッタリとしたレギンスのヒップラインに。


もちろん突然のデートの時も。








日常ではない、といいながら、これらは日常であると思います。




そんなふとした瞬間のためだけに、お気に入りのランジェリーを見に纏うことは、



"美意識"


または


"自己満足"



ですね。








ここに、隠されたものを見たくなる本能も加わって、



不意にマスクを外した時の美しい唇には、それはそれは破壊力があると感じます。






むしろ、特別な人にしか見る権利のないリップ。

リップはチラリズムの世界に仲間入りを果たしたようです。

(つまり無敵)








となれば、今こそ、リップメイク。


かも、しれませんね◎


(赤いリップを塗ろう、という意味ではありません。)









 


ちなみにわたくしごとですが、


かれこれ10年以上、365日Tバック着用です。

(気合い)


パンツやレギンスにひびくのが気になるので、毎日Tバック。


(ミランダ・カー様は、デートのときはガーターベルトを着用しているという記事を見て、ひととき真似してみましたが、それは私はなんか違いました。笑)





冬場のボディスクラブも気分を高めてくれるので愛しています。


マスクでもリップメイクします。


ひとつむすびにする時もヘアアイロンします。


海に行かなくてもトレーニングでカラダを鍛えています。








と、自分の頑張りをアピールしたところで話を戻します。










一瞬にして心を奪う、美しいチラリズム。


毎朝のリップメイク(たった1分)で、叶いそうです。





リップ塗るのめんどくさいなぁ、と思ったら、こんな視点で楽しんでみるのもいいですね◎




何事も、楽しんだもの勝ちです♡










さてさて、今日はすこーし遠出。


(とあるチラリズムの仕込みのため)









それでは今日もステキな1日を♡









noriko