検索

世の中は、勘違いだらけ。と、初期設定を変えてみます。







推し活が美容と健康にいいということで、セクシーなお兄様たちを眺めて寝ようと思い、昨夜突然ワイルドスピードをiTunesしましたが、想像の何倍も激しいアクションシーンが続きむしろ目が覚めてしまったと思えばいつのまにか寝落ちしてしまいましたメイク講師が12時をお知らせ致します。













計画的に推し活と向き合う必要がありそうです。















さて、最近ボーイフレンドが読んでいるという本を読んでみようとKindle中です。



彼と私は業界も職種も違うので、彼は、君がそんな本読んでどうするの?とのことでしたが、わたしからすれば共通点だらけなので楽しく読んでおります。




そしてその本を読み始めてそうそうにずっと勘違いして記憶していたことが判明しました。
















そんな意味でしたか。











もう何年もの間、なんとなく意味がわかるが故に、詳しく調べたことがなかったとあることが、




けっこう違った意味合いでした。




でも、使い方は間違ってはいないのでなんとなくそれでこれたのですが、本当の意味は随分と。








こんなふうに、自分の知識なんていうのはたかが知れていて、わかった気になっているだけのことや、勘違いしてしまっていることって、きっとたくさんあるんだろうなぁ、と考えさせられました。







そしてそれは自分以外の誰かも。



何かのタイミングで勘違いしてしまった場合、そのインパクトを越える何かがない限り、そのひとはそれだと信じ続けます。






そして年齢を重ねるにつれ、その傾向はどうしても強くなりますよね。








老化とは、精神の柔軟性失うことであると、どなかたがおっしゃってました。








見た目の若見えにはそこまで関心はないですが、精神はいつまでも若々しくいたいですね。





まぁ、自分はそんなマインドでいくことは出来たとしても、相手のマインドを変えることはできません。






人は、何かしらの勘違いをしているもの。





という前提で、自分が伝えたいことを伝えていくことは、周りまわって、自分のためになると感じます。







どうせ言っても伝わらないし、という相手に出会うことは多々あり、今までその場合は、適当に会話を終わらせる主義でしたが、誰しも勘違いばかりしている。ということの方を初期設定にしてしまえば、自分のアウトプットは変わっていきそうです。


そして、少しずつでも、伝わる人が増えて行くのかもしれません。





夢があります。









“自分は正しい“ と眉間にシワを寄せることに、なんのメリットもありません。



そもそも、正しいって何ですか?それはあなたの感想ですよね?(ひろゆきさんのモノマネをする芸人さんのインスタにハマっています)








背骨もお肌も精神も、柔軟なひとでありたいものです




(その方がモテそうという下心あり)






というわけで、なんのお話かと言いますと、


来月、楽しそうなオファーをいただきました。



その内容は、とある面談のトレーニング。




自分はこうだと芯があるのは大切ですが、果たして、面接官はどう思っているのでしょうね?




という問いから、始める講座にしようと考えております。







見ず知らずのひとが、数分で自分のことを正しく理解してくれることは難しい。



であればもはやそれを目指さない。







“勘違いされていること“ をデフォルトにして面談をデザインしていきましょう。












 






さてさて、今日は午前中は美容師さんに向けてのメイク講座でした。午後からは、ヘアとお顔のメンテナンスへ。



メンテナンス、年々忙しくなりますが、それも受け入れて楽しんで参りましょう。











それでは今日も素敵な1日をお過ごしくださいませ。
















noriko