top of page
検索

会社を辞めて、よかったのか。

     






Z世代の60%は推し活中だという記事を見て、わかる〜と強めに共感する40歳メイク講師が11時をお知らせいたします。










推し活は世代を超えます。














さて、昨夜は貴重な同期とクラフトビールの会でした。



私の推しのクラフトビールを同期のメイクアップアーティストに勧めるという推し活めいた夜でしたが、とても気に入ってくれて何よりです。





まだ明るいうちからわいわいと盛り上がり、最高の夜でした。








彼女はブランドのアーティストとして、第一線で活躍中で、フリーになった私とは全く違う働き方をしていますが、


ビールのアテは、いつもお仕事のお話です。




そして昨日はマーケティングのお話に。







組織にいてプレイヤーをしている彼女は、極論、マーケティングに関してそこまで考えなくてもいいわけです(極論です。考えた方がいいのはもちろんですが。私たちフリーランサーは、マーケティングなしに働くなんてことは不可能なのです)





ふとした流れから、マーケティングのお話になりましたが、彼女のセンスのいいことと言ったら。











そうか〜やっぱりトップを走る人というのは、頭いいんだな。








と、いつもチャーミングな彼女のスマートな一面に、ますますリスペクトした夜となりました。










あ、タイトルの回収を忘れておりました。











会社をやめてよかったと思うことはよくありますが、もし残っていたら、自分はどんなキャリアを歩んだのだろう?





となんとなく考えながら帰りました。









そして考えた結果











多分、全然使えない社員だっただろうな。うん。辞めてよかった。











と強めに納得した麻布の夜でした。














会社を辞めてよかったと思え続けるように、これからも頑張りたいと思います。














さて、今日はとあるお仕事で新宿へ。









それでは今日も素敵な1日をお過ごしくださいませ◎














noriko










Коментарі


bottom of page