検索

手放す、そして集中する。いいことばっかりです。







お仕事関係で、ビジュアルの素晴らしい男性陣とご一緒させていただくことが多い中、私のボーイフレンドがそうではないことが多いのでいつもmikaさんに不思議がられているのですが、最近恋しているのは誰だろうとふと考えて数名思い浮かぶのが、顔出ししていないYouTuberさんばかりで、自分の面食いでなさ具合を再確認しておりますメイク講師が11時をお知らせいたします。













昔のボーイフレンドは、女友達に「生理的に無理」とまで言われたことがありますが、私にとってはみなさん世界一かっこいいのです。
















さて、昨夜は数年ぶりの友人と乾杯でした。彼はキラキラなキャリアで現在コンサルというキラキラの同級生なのですが、私が会社員の時からいつもそっと、働き方についてアドバイスをくれています。




そして私よりも何億歩も先を歩く彼の言葉はいつも、『?』 となることが多かったのですが、独立して、手探りで試行錯誤を繰り返している中で、





『あぁ、彼が言ってたのはこういういことか!』





と随分なタイムラグがありながらも、大きな気づきをくれます。







(いつか高額なコンサル料を請求されるのかもしれません)














そんなわけで、昨夜はあれこれとお仕事のお話などで盛り上がりました。


そして、爽やかな時間に解散し彼を見送った後、夜の神戸の街をテクテク歩きながら色々考えさせられました。








彼の言葉を思い出しながら、あの話って、私にとってはこう転用できるな。

今後私はこの方向で頑張っていかないといけないな。






普段は一人で仕事をしているので、友人からのアドバイスや、他業界のお話は、


自分のバイアスを修正してくれたり、新たな視点が生まれたり、そして何より、



もっと頑張らねば




やる気スイッチを押してもらっています。










昨夜も最後に彼が私の課題として言ってくれたことは、今の私から見えている世界をガラリと変えてくれそうでした。



ちょっと、考え直してみよう。










尊敬する人からのアドバイスって、どうしてこんなに、素直に聞けるのでしょう。


ありがとう友よ。















と、そんなこんなで、とあることの準備を進めているこの頃ですが、最近、その進め方がとてもしっくりきています。



それは、3年前に構想していたことなのですが、当時は全然うまく進みませんでした。


すっかり心が折れ、3年間距離を置いてしまっていました。






それがなぜか今はとてもスムーズ(!)





なぜだろう?と考えてみたところ









①たくさんのものを手放し




②選んで残したことに全力で集中している








からだと思いました。










人のリソースには限りがあり、(特に 私はフリーなので“本当に“限りがあります)そのリソースを正しく使うことができなければ、“がむしゃらなだけ“ になってしまいます。






がむしゃらに頑張ればいい年齢はとっくに過ぎている私たちには、この選択と集中は必須事項だと思います。








そしてそれを実感している今日この頃。













正直、本当にハードな毎日です。最近は持病も再発し、フィジカルの方もうまくいかず。

それでも、この道を選んだのは自分です。それも含めて自分のリソースの最適な分配を模索しなければなりません。

手放して集中すること。



心から、大事だと感じます。












そして、何を手放し、何に集中するのかは、日々自問自答する必要があります。



そのために、私は365日、yogaをします。



ボディラインのため、な部分ももちろんあるのですが、




“手放す勇気“ を育てるには、yogaの存在が貴重です。





(yogaの勧誘みたいな記事になってしまったので、いっそサムネをヨガにしてみました)
















というわけで、40歳まであと1年を切る今日この頃。


楽しい40代を過ごすために、今仕上げないといけないことだらけ。


yogaに手放す勇気をもらい、yogaで集中力を高めて頑張って参りたいと思います。













あなたは手放す勇気、ありますか?














さてさて、今日も神戸にてPersonal Make Lesson です。



始めましてのお客様も、何年も通ってくださるお客様も。

今日はどんなメイクをさせていただくことになるのでしょう。楽しみです。











それでは今日も素敵な1日をお過ごしくださいませ。

















noriko