top of page
検索

断捨離のバロメーターとは。ボーイフレンド好みの服を全て捨ててみたお話。



数年間音信不通だった親友たちと新年会でしたが、なんだか一気に当時に戻ったような、お互い大人になったような、それにしても清々しい日でそんな夜は二階堂のお湯割りで最後まで通しましたメイク講師が24時をお知らせ致します。











社会保険のお話を2時間しました。いろいろ渋い会でした。











さて、元旦は断捨離の日でしたが、ここ1年ぐらいの間は、ちょこちょこ断捨離をしてきたので、案外すぐ終わりました。




クローゼットもそういえばだいぶスカスカになっていましたが、今回はこんまりさんのネトフリを見たあとなのでさらに勢いづいておりました。








つまり、ときめくかどうかで、手放すかどうかを決める、という例のメソッドです。







今回の断捨離で、いくつか迷って手放した服があります。





それは、"ボーイフレンドたちのお気に入りの服" です。








これは気に入ってたからキープ、と何着かクローゼットに戻したあと











あ、違う。

これは私が気に入っていたのではなく、彼らに褒められた服だな。







と、ナチュラルに他人軸で生きてきたことと、他人軸で手放せなかったものに気づいて目が覚めました。









案外これって、怖いことです。




私は性格は男子ですし、自由人ですし、マイルールで生きているつもりでしたが、無意識に他人軸に切り替わってしまう瞬間があることに背筋が凍りました。












というわけで、元旦から、いい気づきをいただきました。







こんまりメソッド、素晴らしいです。

みなさんもぜひ。










さて、明日はPersonal Makeup Lesson は定休日。楽しみにしていた会やミーティングが詰まっています。体調を整えて、楽しみたいと思います。










それでは今日も1日お疲れ様でした◎











noriko



bottom of page