検索

"正解はない"ときのA or Bの決め方ってこうかしら。








帰りの電車の中で、荷物も多いし座りたいなぁと席を探すも空いておらず、しばらく立ってるしかないのね、と小学生の男の子が座っている前に立っていると、その子がこちらをチラチラ見た後、すーーっと立ち去り席を譲ってくれたのですが、私はいったい何歳だと思われたのだろうとやや複雑な気になったメイクアップアーティストが22時をお知らせいたします。











とはいえ座らせていただきました。君はきっと将来モテるよ。応援してるね。












さて、"正解のないもの"で溢れている昨今ですが、みなさまどう向き合っておられますでしょうか?




昔、正解はないのでご自分で決めていただいて大丈夫ですよ、とお伝えしたら、


私は自由に決めるというのが一番難しいので指示をください


と返されたことがあったりしました。








そのときは小さな衝撃でしたが、ある意味自己分析済ということで、いいですね。清々しい。








"メイク"のお仕事を"フリー"でしておりますと、




毎日が"正解はないこと"で溢れています。






そもそもメイクに正解はないですし、働き方にも正解はありません。







ですが、"正解がないこと" が、 "なんでもいい" というわけではありませんので、判断に迷うことはよくあります。






ファンデーションの選び方に正解はありませんが、なんでもいいわけではありませんよね。





どんな肌に仕上げたいのか、今の肌状態はどうなのか、そのために何が必要なのか。



といった感じで、正解はないものの、答えはそんなに多くはなかったりもします。






先日、私的にはめずらしくとあることで悩んでいて、ボーイフレンドにお話を聞いてもらったことがありました。






彼は理論よりも感性で生きているのですがあれこれディスカッションした上で結論は





自分が信じた道を選ぶこと




となりました。











そりゃそうです。









あれこれ考えた末に決めかねる


A or B


の選び方は、理論にせよ感覚にせよ、自分が信じた方。




つまり自分の軸、ですね。









んー







余計に悩ましい。笑











というわけで、自分の軸を見失うと、悩みが増えるんだな、とブレそうになっていることに気付かされたひとときでした。











ちなみに今日のサムネ画像は、ボーイフレンドからの珍しいサプライズ。




サプライズとかはまったくしないタイプの彼がめずらしく。



だいぶ時期がずれたお誕生日のお祝いをしてくれたのですが、


Happy Birthday ではなく、こーゆーメッセージを選ぶところが彼らしい。



ブレないひとです。











さてさて、今日はいろいろと予定つめつめで、やっとブログ時間がとれました。



明日はとても大切なイベントの日。


今夜は早く寝ましょう。








今日も一日お疲れ様でした◎








ステキな夢を♡












noriko