検索

美と快楽はトレードオフなのか。






サイバージャパンのかなへぇさんに似ていると数名に言われたことにより、恥ずかしげもなくかなへぇさんに寄せていこうと思っておりますメイクアップアーティストが8時をお知らせ致します。








とりあえず髪を伸ばします。











さて、要約系YouTuberさんが好きです。

なぜなら難しい書籍などを軽やかにまとめてくれるので、読みたい本かどうかを数分で判断でき、ここ数年は本のハズレが圧倒的に減りました。







中でも4年ぐらい推しているサラタメさんは、顔出しもされていないのにもはや恋心すらあります。142本の動画をアップされていますが、全部見ています。中には何回も見た動画もあります。昨年出版された本ももちろん購入しました。好きすぎます。








そしてやはりオリラジあっちゃんのYouTube大学も好きで、歴史系やゲーム系以外はおそらくほとんど見ています。








そして今朝はちょっと読書を休憩したい気分であっちゃんの動画にしてみました。







モチベーション関連の動画も面白く、記事にしてみたかったのですが、その次のアンチエイジングの動画にアンテナが立ちましたので、今日はそちらに触れてみたいと思います。








美容外科医の方の書かれたアンチエイジングについての本なのですが、糖化のお話やグルテンフリーのお話など、聞いたことのある内容ばかりで、ストレスなく聞ける感じでしたが、







美と快楽がトレードオフ






というお話にアンテナが立ちました。








絶対的に、そうなのです。そう思います。でもなんか、そう思いたくないのが乙女心ではないでしょうか。










我慢や苦しみと引き換えに得た美とは、どうなのでしょう。




もちろんそうなのです。努力なしに美が手に入ることはもちろんないのですが、ですが






その努力すら、快楽と思えたら、





快楽も美も、手に入る







というロジックになります。












今朝もひねくれております。














というわけで、もちろん美と快楽はトレードオフなのですが、我慢や努力を楽しめる方法を模索する方がサスティナブルだなと思った朝でした。











苦しいランニングではなく、気持ちいいヨガ


苦しい食事制限ではなく、食べる美容



めんどくさいスキンケアではなく、リラックスするためのフェイシャルマッサージ






のように、楽しいや気持ちいいものを選択するだけで、少しそうなれるような気がします。








頑張らない美容とは、手抜き美容、ではなく、選択のセンス。





かもしれませんね。










さてさて、今日はとある頑張らない美容の打ち合わせからスタートです。




頑張ってまいりましょう◎






それでは今日もステキな一日をお過ごしくださいませ◎











noriko