検索

美的放物線








お正月太り






というお家芸がありますね。











お正月に太る



という、なんの不思議でもない現象を、私たちは大人の女性は毎年毎年繰り返すわけですが、








いい加減にできないのだろうか?









という自問自答。









太る理由は明らかで、日程も明らかなのに、なぜそれを避けられないのか?





ということで、今回の年末年始は、




お正月太り





という謎のルーティンを脱却すべく、最新の注意を払い暮らしてみました。











結果








人生でもっとも増減幅が少なく、戻りも早く。








七草粥を待たずして、通常に戻すことができました。








ナイスです。











肌荒れも然り。











そしてふと、これって




放物線だなぁ







と腑に落ちました。










ゆるやかに変化したものは、ゆるやかな努力で元に戻せます




激しく変化したものは、激しい努力で元に戻します









良い悪いはさておき、そんなものかなと。











何年もかけて育ててきた脂肪は、1日2日では落ちませんし



少し食べすぎたりしても、数日間調整すればすぐに元に戻せます。








出入りが放物線。







ということは、あとで大変な思いをしないためにも、いろんな欲と戦って、振り幅をコントロールすれば、無駄なエネルギーを使わなくて済みそうですね◎













人間関係も。




過去に6年お付き合いしたボーイフレンドを忘れるのに6年かかったことがあります。


よく言われるやつです。

付き合った分だけ失恋の傷を癒すのに時間がかかる、のやつ。






短期間で激しく恋に落ちたボーイフレンドは、そーっとフェードアウト、できません。

いきなり音信不通ぐらいの強制終了の方がいいのかもしれません。









出入りはシンメトリーですね。





緩やかに省エネで生きていきたいものです。










ですので私はルーティン愛好家です。


極端は効率悪し。


壮大なメンテナンスよりも、まめで小さなメンテナンスを。










山の中のショートトリップは、そんな意味で大好きです。












というわけで、



それでは今日もいつも通り、少しだけ、頑張っていきましょう◎












Have a beautiful day ♡










noriko