検索

聞こえないふりと、なかったことにする技術。









ひとそれぞれ




いろんな特技を持っていると思います。













そして、自分でも特技だなぁと思うのは






聞こえないふり







です。














例えばもし、ボーイフレンドが何かモヤっとすることを言った場合、たとえ1mの距離にいたとしても、聞こえないふりをします。







これでだいたいの事故は防げます。








(これで、聞こえないふりをしていることに気づかずまた同じことを言う人は、ご縁がないと思います)










そしてこの聞こえないふりは、会話だけのお話ではなく






例えば彼の行動になにか気になることがあったとしても、見ていないふりをします。







(こちらも同じく、見てないふり、に気づかずに何度も同じことを繰り返すひととも、ご縁がないと思います。)











たった一度の軽いエラーは、このようにスルーしてさしあげるのは優しさだと考えていますが、




この聞こえないふりシリーズは、女友達たちからは賛否両論いただきます。













そして、


(本日も恭子お姉様の格言から)









なかったことにする技術










今後はこちらもマスターしたいと考えております。











叶姉妹様のSpotifyで、リスナーの女の子が、





過去にあった辛い思い出がトラウマになり、いま、うまくできない




のようなお悩み相談がありました。











過去に何か嫌なことことを言われたとしても、それを言ったひとが今どこでなにをしているのかなんてわらからないのだから、そんなものに縛られる必要はなく、なかったことにすればいい







と言った内容の解答でした。











アドラー先生も、トラウマは存在しない、とおっしゃっておりますし、この考えにとても納得。







消しゴムでけせばいいのよ






という恭子様のエレガントなこと。
















"今"のことを聞こえないふりができるのだから、




"過去"のことを消しゴムでけすこともできるはず











ということで、40歳間近にもなると、もちろん忘れたい過去はたくさん、それはたくさんありますが、






それらと向き合おうとか、忘れようとか、ではなくて











delete













ワンクリックです。













こうやってアウトプットさせていただくと、なんだかできそうな気がしてくるので不思議です。














というわけで、私の特技は本日より





聞こえないふりとなかったことにすること。





となりました。











何事もアップデート大事です。














さてさて、本日で3月も終わり。




明日から新年度、な方も多いかと思いますが、








ぜひ、ご自分に都合よく、






よく頑張った、もしくは楽しかった思い出だけ、新年度に連れて行かれてくださいね◎






あなたのなにかを阻害するなにかは、ポチっとなかったことに◎春ですから。












それではみなさま、今日もステキな1日をお過ごしくださいませ◎















noriko