top of page
検索

血糖値と恋愛の共通点を見つけたお話。



組織で働く同業者の方向けに会社員とフリーの違いをお伝えする機会が増えてきたのでその素材を作成中ですが、どこから組み立てようかと考えた結果、ひとまず社会保険(主に健康保険と年金)と税金についてずっとまとめているメイク講師が6時をお知らせいたします。













メインはここであっているのでしょうか?もっとキラキラしたとろから行くべきでした。










さて、そんな感じで我ながら朝から渋いなと思いつつ、今はシンガポールのチャンギ空港のスターバックスです。

朝6時からPCに向かう自分はしがないワーカホリッカーだと思いますが、それも個性ということで。



搭乗までの間、お仕事を進めたいと思います。







と、今日のタイトル回収に入りたいと思うのですが、先日の発見を聞いていただけますか?









結論




『血糖値と恋愛への関心度というか欲求はよく似ている』





です。






朝の6時にするお話ではない気がしますが進めさせていただきます。










先日ブログに書かせていただいたように、私の食生活はちょっと独特です。



貧血と低血圧のため、午後までは自律神経のコントロールや省エネに真剣です。



血糖値もです。









 (私の個人の体質ですが)



午後2時ぐらいまではできるだけ血糖値を急上昇させないように気をつけています。





なので、朝とお昼はほとんど食べ物を口にしません。


(野菜とフルーツを少々、までは大丈夫みたいです)






また、Personal Makeup Lesson は入れ替えの時間がほとんどないので、Personal Makeup Lesson が終わるまでは座って食事はしません。





ですので、17時〜18時ごろに初めてきちんと食事をします。


(体にいいとは思っていません)







『空腹の方が集中力が高まる』






と思っているからです。









が、








新たな発見がありました。






Singaporeでは、英語でPersonal Makeup Lesson を行います。



もちろん私はネイティヴではないので、ここにかなり集中力を削がれます。


母国語ではない言語で説明をしながら、母国ではない女性たちのお好みを探りながらフルメイクするというのは、日本のレッスンの何倍も集中力を使います。




(ただ、メイクの細かさやテクニック面で、シンガポールの方が少しライトなので、若干相殺されます。若干ですが)







そこで気づきました。








空腹も度をこすと集中力切れるな。









です。










要は、“軽い空腹“の状態は集中力が高まり、 “満腹“ や “極度の空腹“ は集中力が低下する。





のだと気づきました。







これは極度の緊張状態に自分がなったからこそ気づいた僅差だと思います。




と、今回のシンガポールでは、いつもほどの空腹状態を作らずにPersonal Makeup Lesson を行って見ました結果








いつもより、よりいい(!)





なるほどな〜







と、これって恋愛など色々な欲求に似ているなと。










ひとの欲求は




“枯渇するとコントロールできないぐらい渇望する“






と思っています。








つまり、そこそこ満たしてあげているとそんなに欲しくならないので判断を誤らない、






みたいな感じです。







満腹は満腹で、飽き飽きしたり疲れたり。


極度の空腹はそれはそれで、判断を誤ったり。








ではないでしょうか。











私は公私共に、この間ぐらいの状態を維持できていると言いますか維持しようとしていると思います。






特に不満もないですし、完璧に満たされてもいません。




だからこそ、判断を誤りにくい気がしています。


(と言いますかシンプルにテンションが低いだけ説)












と、朝から渋いお話を長々してしまいました。すみません。









あなたの血糖値コントロール、いかがですか?






またいつかお話を聞かせていただければ嬉しいです。











さて、搭乗まであれとこれをしますのでこの辺で。







それでは今日も素敵な1日をお過ごしくださいませ◎









noriko































コメント


bottom of page