検索

隙のあるひと。






先日、お客様との会話で






ブレずに媚びずに生きていきたいと思いつつも





"隙のない女"





にはなりたくない、





というお話に。









普段きりりなメイクをオーダーされる素敵な女性に、



隙のあるメイクレシピをご提案させていただきました。







そして、気の強そうな(笑?)私でも、シーンによっては、そんな隙があったり、甘かったりするメイクをしますとお話すると



とても驚かれていました。

(どんなイメージなんだろう)








たとえばボーイフレンドとの関係において





普段は彼らに合わせることばかりではありませんし


納得いかなければ冷たくスルーすることもあるわけですが







彼らの逃げ道がなくなっていそうな場合。



(完全に彼らの"瑕疵"みたいなときや、こちらとは無関係に、彼らが自信を喪失してしまっているときなど)








その場合は、あえて隙のあるメイクで。







少しでも彼らの自尊心を高めてあげられるように、こちらが下にでるというか受け入れてあげるというか、とにかく隙。








たかがメイク、かもしれませんが、その効果は絶大です。









それは、媚びることとはことなり、余裕がなくなってしまった彼らに、こちらの余裕をお裾分けする。



むしろ、媚びとは真逆のアクションなのだと考えています。

(無理がありますか?)










自分の在り方はブラさなくても、表面的なこと(メイクなどのビジュアルや言葉かけなどコミュニケーション)は、



シーンによっては盛大に、譲ってあげられる。







そんなひとも、エレガントですね◎











あなたは隙のあるメイクレシピ、お持ちですか?

ぜひ、ストックされてみてくださいね◎













それでは今日も素敵な一日を◎














noriko



写真は、『caoRasを楽しむ特別な夜』にペアリングしたメイクレシピです。

このメイクに隙はありません◎

むしろ小さな緊張感を相手に与えるような、そんなドラマティックなレシピです。


試飲会にご参加の皆様、レシピは近日お送りいたします♡