検索

雨の日も、趣深い。












10年近く前






それはそれはすてきなデザイナーズハウスに住まわせていただいていた時期がありました。

(理由はお察しください)










そこには、広い広い中庭があり、



家の中にいても、まるで外にいるかのような。









太陽のご機嫌をそのまま感じられて、季節をそのまま感じられて、一歩家に入ると、とたんに時の流れが変わって感じられる






(しつこいですが)それはそれはステキなお家でした。









朝はゆったりとした音楽を聴きながら、ていねいに手作りされた朝食をいただいて





夜は月の光と少しの間接照明だけで、映画を見ながら暖炉脇でワインをいただく。









(自分で書きながら、思い出しながら、奇跡のステキな暮らしですね。)







まさに理想の暮らし、だったわけですが、









ある日、その家の主さんが








「この家にいると、雨すら趣深く感じるよ。」









中庭を濡らす雨を見ながらつぶやかれました。








(セリフがイケメン)











でもほんとに、そうだなぁ。と









自分の気持ちの在り方次第で、嫌いな雨すらも趣深いと思えるということは、いろんなことを指している気がしました。











彼のそのイケメンなセリフ以降、雨の日はその言葉をいつも思い出します。




















が、








今朝の雨は降りすぎですね。



せっかくアイロンした髪が一瞬で濡れてしまい











全然








趣深くなんてないです。













私もまだまだですね













というわけで、気温も低ければ雨も大量で、そして今週は苦手な用事が何件か。










趣深いです。














それではみなさま、連休明けの火曜。

全然趣深くないかと思いますが、心は晴れやかに参りましょう。ともに。











今週もステキな1週間をお過ごしください◎









noriko