検索

(HP限定) こだわりどころ。




こだわりが強い人は




フリーランスに向いている?








という話題が先日ありました。










フリーランサー7年生になりますが、自分が拘りが強い、と思ったことはありませんでしたが、そうなのかも?ということで、自己分析をしてみました。







「拘り」と一言にいいましても、これは結構、抽象的な単語だと感じます。


捉え方がいくらでもあるように感じるからです。









そして、自分の辞書にのっている「拘り」はどんな感じかなー?と着想的に。











私個人の生き方の憧れは





所ジョージさん


明石家さんまさん


高田順次さん


タモリさん







(改めてあげてみると男性ばかりでした)









みなさん、ひょうひょうと楽しそうで、男の子みたいな発言がチャーミングな方々。


マイウェイなのに、さらりとした愛があって。


世の中と程よい距離で生きておられるような。


(勝手な妄想です)









こんな大人になりたいといつも思います。









私は一番苦手なのが、束縛されること。


人であれ環境であれ、束縛を感じたらとたんに逃げたくなります。







そんな束縛のない、快適な環境を手に入れるためには、いろんなことを我慢できたり諦めたりできます。









あとは、実行力の低いチームといることが苦手です。


この人はなんでやらないんだろ?


というストレスには弱いかもしれません。



あれこれ言い訳をして動かない大人を見ると、離れたくなります。














というわけで、結果、フリーランサーなのかもしれません。






これらを拘りが強いと言われたらそうかもしれませんし、とはいえ、めざすところはタモリさんですので、ゆるふわであるとも言えますが、まぁそれはやはり視点次第だと思います。











こだわりどころ。




全部に拘ると生きにくくなりそうですが、こだわるところと、受け流すところ。


このバランスが快適のポイントかもしれません。









メイクも然り。


ベースメイクも、アイメイクも、チークも

リップも、アイブロウも!





と力んでしまうと、どこか歪なお顔に。







今日のこだわりはここ♡





と決めて、あとは手を抜く。


(厳密にいえば、手を抜いた風。ほんとに手を抜くのではなく、引き算する。です)











"あのひとはこだわりが強い人だ"



にひそむ、ポジとネガの感情。





メリハリがあるメイクをしている美しいひとなら、きっとそれはポジティブな意味で使われるのかもしれませんね◎











あなたのこだわりどころ、今日はどうされますか?



すこーし、意識されてみてくださいね◎













それでは今日もステキな1日を◎













noriko