検索

(HP限定) その彼はやめた方がいい、というアドバイス




ボーイフレンドの属性というのがあると思います。




ある程度バラバラだという人もいるかもしれませんが、何かの共通項が隠れていると思います。






先日、ステキなお客様との恋のお話の際に、彼女が魅力を感じている彼さんは、ちょっと個性的(笑)な方で、周りには、その人はやめたほうがいいとアドバイスをされるとのこと。







たしかにちょっと個性派な彼さんに感じますが(笑)、とはいえ、彼さんに魅力があるから、惹かれているわけです。








そしてその魅力がどこか突出している方は、もちろん何かが劇的に欠けていたりすることもありますね。






欠点とも取られそうなところをひとつひとつ拾っていって、その人を評価してしまうなんてもったいない。





いいじゃないですか、魅力的な方なのでそれだけで。




好きなものは仕方ありませんね。








という私個人の感想をお伝えしながら、これは自分に言い聞かせてるのかもしれない、と感じました。










私も、かなり個性派なボーイフレンドが多いため(笑)、周りに反対されたり、自分でも流石にこの人はどうなんだ?笑 と思うことは多々ありますが、






それに悩むことがそもそももったいないなぁ、と感じるようになってきました。









好きなものは好き。


魅力的なひとは魅力的。



その魅力が、もしかして他の誰かに共感してもらえなくても、それはおそらく関係ありません。







誰かにわかってもらう必要は、ないのかもしれませんね。









お仕事もメイクも同じかと。






自分がどう感じるのか。





そこに全神経を集中させたほうがよほど幸福です。



周りがどうだから、というのは場合によったら言い訳や逃げですらあります。








自己責任で、自分で決断する。


決断したからには、周りの目は気にしない。


(周りが見えなくなるのはよくありませんが、それとこれとは別ですね)











自分の好きに素直に生きる。



こんな人生も、ステキだなぁ、と考えさせられた時間となりました◎









あなたは、人から理解されない


『好き』


がありますか◎?







ひとしれずでも、それは大事にされてくださいね◎










そんなあなただけの好きが詰まった



世界に1枚のメイクレシピ




atelierR にご提案させていただければ

光栄です◎













それでは今日もステキな1日を♡















noriko