検索

(HP限定) 補う。





フィジカルは20歳などをピークに年々衰えていき



メンタルは年々成長させることができる




そしてそれは最期の日まで






という話題が。









(最近ブディズム的な思考にアンテナがたつので、隙間時間は説法みたいなYouTubeを見始めました。私大丈夫なんかな。)











ジェンダーなあれこれはあれど



女性の外的な魅力というのは、年々落ちていくのは、これは悲しいかな事実です。





ですが、"中身"は育てることができるわけで、





となると、年々痛感する自身のフィジカルの劣化具合を上回る、その他の成長が必要となり、






となると、








「大人こそ、学びと実践(実戦)」









というところに落ち着いたりします。








成長させるためには、まずは良質なインプット、そしてそれを実戦するアウトプットの場が必要ですね。




この繰り返しを、質と量のどちらもを高めながら。






それでやっと、劣化するフィジカルを補っていけるのかなと感じます。










抗う




ではなく





補う






の視点。










自分に足りないあれこれを、何か他の手段で補っていく。



前向きに。








と、今朝の説法を聞いて考えさせられました◎











人間関係もそうですね。

自分にないものを持っている人に惹かれるのは、こんな欲求が無意識的にあるのかもしれません。





感情的でむちゃくちゃで、後先考えないボーイフレンドをなぜか放っておけないのは、私にはそれらが足りず、どこか羨ましいんだろうなぁ、なんだか自分のことなのに他人事のように思えるのもまた。









足りないものを補う。


内面で足りないものをメイクで補う応急処置もウェルカムです。


今朝は、私に足りない"女らしさ"を補うべく、赤でカーヴィーなメイクに。


それだけでいい女になった気分。










あなたの、補いたい項目はなんですか?


ぜひ、メイクで補ってあげましょう◎











それでは今日もステキな1日を◎












noriko




*写真は親友というか後輩というか同志というか。マデイラワイン専門の店主が、時短明け初日だとのことで軽く1杯。彼も私の足りないところをいつも補ってくれます。こんなに仲良いのに、誰一人ボーイフレンドなのですかと言ってくれません。

そして全然関係ないお兄様方がボーイフレンドだと言われているそうでイメージとは不思議です。