Restart and Restart


atelierR のR の意味を聞いていただけることがあります。

いくつかあるのですが、主に3つの "R" から始まる、メイクなどに関わる、大人の女性へのメッセージがあります。

まず1つ目は、

Real であること。

ファッションショーやウェディング、といった限られた世界でのメイクではなく、私たち一般の女性が、日々の生活で施すためのメイク。

モードではなくリアル。

そして、その人らしい生っぽさ。

人工的なメイクではなく、まるでその人そのものであるかのように自然なメイクであること。

そして、24時間、いろんなことに追われてメイクにばかり時間をかけていられないので、メイクに時間を取られすぎないように、また、メイク直しの時間を短縮できるよう、できるだけ崩れにくいように。

そんな思いで、

Real であること、を大切にしています。

2つめは、

Restart

私自信、若い頃はメンタルが強い方ではなかったので、些細なことでもすぐ落ち込んで、もう二度と立ち直れないんじゃないか、という不安に押しつぶされそうになることが多々ありました。

失敗しないように、悲しい思いをしないように、と、いつのまにか、"落ちないように"するための選択ばかりするようになり、そうすると、稀に"落ちた"時に、また起きが上がることに苦しみます。

あぁ、人生って、こうやって何回も辛いことって起きるんだなぁ。とあるときふと開き直ったことで、落ちてもいいから(どうせ落ちるんだから)、起き上がるチカラを鍛えた方が現実的だな、と考えるようになりました。

自分の中での立ち上がり方をいくつかストックしていく中で、"メイク"が大きな存在感を発揮していました。

何度でも、何度でも、やり直せる。

と、信じることができれば、些細な失敗は怖くなくなり、また落ちるかもしれない、と不安が続いたときにも、腹を括ることができるようになるのだと思います。

メイクにはそんなチカラがあると、自分自身が痛感していて、それを体現したいと考えています。

そして3つめは

アール

建築の仕事をしていた際に、アール、という言葉が大好きでした。

(結婚前後の2年間ぐらい、デザイナーズハウスの営業マンをしてみました)

アールとは、曲線や曲面のことを意味するのですが、ほとんどが直線で構成される建築の中で、アールのデザインはとても贅沢で、目を引きます。

同じ素材でも、そこが直線なのか曲線なのかで、まったく別のものになるのです。

メイクも同じく、直線的なデザインを排除することで一気に立体感が出たり、柔らかさがでたり、とにかくナチュラルで美しい。

生っぽさをだすためには、直線的な手やブラシの動かし方ではなく、しなやかに丸みを帯びさせていくのです。

そんな曲線を大切にしたメイクをご提案させていただいています。

長くなりましたが、笑、atelierR の3つの "R"

この中でもやはり、

Restart

ここのシェアが大きいなぁ、と常々思います。

いろんなことがある毎日ですが、自分で自分をRestart せていきましょう◎

そしてそれは、何度でも。

世界に1枚のメイクレシピで

あなたのRestartを応援させてくださいませ◎

それでは今日も素敵な1日を◎

noriko

info>>>

【世界に1枚のメイクレシピ】

PersonalMakeLesson

→毎月1日夜9時よりご予約受付開始

OnlinePersonalMakeRecipe

→毎週日曜夜9時より数量限定にてオーダー受付開始

詳細はHPをご覧ください◎

【R辞典2021】

世界に1枚のメイクレシピのためのテキスト。

メイクレッスンの復習として、オンラインレシピの参考書としてご活用くださいませ。

HPからどなたでもダウンロード可能です*

【働くを、覗きに行こう。】

大人のインターン講座

atelierR のワークスタイルをテーマに、新しい働き方のヒントを探しに。

次回オンライン説明会は、07.18.sun 18:00開催です◎

お申し込みはHPからお願い致します*