検索

うなじにも化粧水。








出張のスーツケースの半分がスキンケア・ヘアケア・ボディケアの道具が占領しておりますメイク講師が19時をお知らせいたします。











大きなメイクポーチをコロコロしている気分です。













さて、美容とは、本当に本当に果てしないと思う日々です。



先日お客さまとおもお話していたのですが、美容に関して、いろんな悩みや課題がある場合に、“いま一番気になること“ に意識がいくので、それに集中します。



例えば、痩せたい場合は、食事制限をしたり、運動したりと、体重を落とすことや、ボディラインを引き締めることに励みます。



そして、いざ、その課題が解決し始めると、次の美的欲求が現れます。



例えば、痩せて好きなお洋服が着られるようになると、もっとお洋服が欲しくなったり、ボディの次はお顔、とエステに通いたくなたり、髪型を変えたくなったり。







これらは、“気持ちが変わった“ のではなく、“階段を登った“ という表現が正しい気がします。





一つクリアすれば、そこへの労力が少なくて済むようになり、余白が生まれます。


次の課題に向かう余力が生まれるのですね。






そんな風にして、終わりのない美との戦い(?)がどこまでも続くいていくように感じます。










重ねて、大人になると、放っておいても、美に関して、時間とお金がかかるようになってくるという現実。。





私たちの美に関する欲求は終わることはなさそうです。












そんな今日この頃、




メイクレッスンの際に着るユニフォームの秋verを探している際に、背中がばっくりあいたトップスに一目惚れしました。


(気に入りすぎて2枚買いました。気に入ったユニフォームはいつも複数枚買います。一期一会を逃さないためです。それぐらいお気に入りです。)





そうすると、




あ、日焼け止め塗らなれば。




と、いつも腕やデコルテに塗るボディの日焼け止めをうなじにも塗り、




そうなると、




あ、うなじの保湿もしなければ。





と、朝晩のスキンケアの際に、デコルテまで塗っていた化粧水を、うなじや届く範囲で背中にまで広げるようになってきました。


















果てしない・・・







と、大変だなぁと思いながらも、そんな美意識の範囲がまた一つ広がったことが、実はこっそり嬉しかったりします。















やはり、“人前に出す“ は、私たち大人の女性の背中をそっと押してくれる “セルフ追い込み“ に一役買ってくれることを再確認しました。












『デコルテまで顔』 はもはや過去のことで









うなじにも化粧水。








啓蒙活動していこうと思わされた秋の夕暮れでございます。












あなたは後ろ姿のケア、どんなことをされていますか?














さてさて、今日は神戸にてPersonal Make Lesson でした。


明日も神戸です。








今夜はお久しぶりな友人と乾杯。


近況報告してきます。














それでは今日も1日お疲れ様でした◎












noriko