検索

アイシャドウと月1ボーイフレンドのお話。




昨夜は、大人のインターン講座とセルフマネジメント講座の日でした。


(東京、四国、九州からのご参加で、流行りのオンラインサロンみたいなものです)









アナログとデジタルをどう使い分けて、どんな人でありたいのか?



3ヶ月かけて思考し、メンバーに向けてプレゼンする、という



個人的には最高に好きなテーマでした。






ひとそれぞれの価値観って面白いですね。










その後は、セルフマネジメント講座。



今月のトークテーマは、


「年末年始の人間関係と美容のマネジメント術」






年末年始のモチベーションをどう活用するのか。自分からのベクトルも相手からのベクトルも。


(為替みたいなものです、というお話でした。)








そして、このセルフマネジメントの回は、ボーイフレンド事情のお話になることが多く、昨夜もそんな流れに。



最近の自分のボーイフレンド事情をシェアしたりするなんとも遊びなようで真剣な講座でした。









そしてその後、ひとりで振り返り。


ボーイフレンドとの関係作りで、個人的に長年推奨しているのは




「月1ボーイフレンド」








どれくらいの頻度で会うか?問題があるかと思いますが、断然月1推しです。



遠距離恋愛とかは完璧です。









仕事や自己啓発に忙しい私たちは、何のために恋愛をするのか?という問いにはっきりと言えるのは






自分のため





です。








楽しい彼との時間があるからこそ、仕事や美容が頑張れる。


彼にもっと愛されたくて頑張れる。




みたいなことです。







となれば、1ヶ月の成果発表でありご褒美が、ボーイフレンドとのデート、ということになります。








そんなご褒美だからこそ、デートではお互いに相手を思いやることができると感じます。






日用品ではなく贈答品。







そんな関係が理想的だなぁと思います。



(長々書いておいて、これ、だれが興味あるんだろう、と我に返ってしまいました。)











あと、


周りから理想が高いと言われる。

もっと許容すべきだ。と言われる。



というお悩みも上がりましたが、







理想が高いことの何が悪いのか1ミリもわかりません。


何かを妥協してまで、ボーイフレンドって必要なのでしょうか?


(妥協と許容は全く別)









ボーイフレンドもメイクも。

自分のためにあると思います。





自分をくすませるぐらいなら、ボーイフレンドもアイシャドウも、ないほうがマシです。


(アイシャドウに悩む人は、騙されたと思って、アイシャドウなし、ブラウンのアイライナーとマスカラだけ丁寧にメイクする、に挑戦してみてください♡)








と、ふとそんなことを考える日々でございます。





今月も貴重なボーイフレンドとのデートを楽しみに、頑張ってまいりたいと思います◎













それでは今日もステキな一日を♡












noriko