検索

シーンとメイクをペアリングする。







美味しそうなものを見ると、すぐにどんなお酒が合いそうかを連載してしまいますが、今夜のオンラインサロンの講座の中で、さんまと大根おろしとスダチのお話になり、勝手にハイボールも白ワインもいけるな、と別のことを考えはじめるメイク講師が23時をお知らせ致します。












マデイラワインと豚汁もいいらしいです。














さて、最近はシーンとペアリングする、というのがマイブームです。










昨年オーダーで作っていただいたクラフトビールも、料理ではなく、シーンとペアリングしたい、ということを関係者にお伝えし、多くのひとにぽかんとされましたが、




わかる!



と言ってくださった数名の方々を愛しています。









そしてビールだけではなく、メイクもシーンとペアリングです。



フレグランスだってそうですし、アロマオイルもそう。



アクセサリーもそうですし、音楽もそう。







だと思いませんか。


(音楽は全く詳しくありませんが)












それ単体の美しさや魅力はあるにせよ、


それがどのシーンでどう生きるのか。






そんな、遠目でそれらを見ることが結構好きです。










メイクというと




シミを消したいですし

クマを消したいですし

目を大きく見せたいですし

鼻を高くみせたいでしょう。








もちろん、それらも大切ですし、その技術は私にももちろんあります。






ですが、もっと、豊かだと感じるのは









もっと広い視野、空気まるごとバランスをとること。









だと思うのです。





正解はありません。


ないからこそ、何を根拠にそう表現するのか。





そのストーリーがないメイクは、どこか薄っぺらいと感じます。



コピー感も出てしまいます。











大事なのは、なぜ自分がそうしたのか?




だと思うのです。












溢れる情報に流されず





自分の意思で生きていきたいものですね◎















シーンとメイクをペアリングする。





その豊かさを、引き続きお伝えしていきたいと思います。









昨夜は、



シーンとワインとメイクのペアリング。

(みたてワインさんのワインスタンドがatelierR で開催されました)









3要素になるとこれまた、しっくりくるものです。








シーンと気分と何かがフィットしたときの、なんとも言えない心地よさを、ぜひ、ご体感いただきたいと感じます。














はー楽しすぎたワインスタンドでした◎



また開催していただきたいです◎















それでは今日も一日お疲れ様でした◎















noriko