検索

ボーイフレンドにごめんねと思うタイミング











毎朝夜本を読みます






夜は、帰りの汽車


(徳島の電車は汽車と呼ばれます。何が違うのかはよくわかりませんが、たしかにレールの上空に電線がありません。何で走ってるんでしょう。)


か、お風呂で読むので、あまり意識高い系の本はしんどいので、心がほぐれるような本が






朝は実用的な本、お仕事に対するモチベーションが上がる本、が多めです。








が、今朝は、引き続き休息の本でしたが、Kindleが残り40%あると言っているので思ったより長いなぁと思いながらも、次の朝用の本をまだ用意していなかったら、ふいに終わってしまいました。




エビデンスあります系の本は、参考文献のページが大量にあるのを忘れていました。

つまり本の40%が参考文献てきなものに使われています。なんかすごいです。












というわけで、朝の読書時間が急遽本不足になったので、夜用の本を朝に。








その本は物語?みたいなリアルなようなお話ですが、その中で





男子高校生に彼女ができて、その彼女がのめちゃくちゃワガママで、自分はあれこれしてもらって当然、みたいな態度で、女子とは怖い、めんどくさい、というシーンがあり



















あ、そうですよね











私もそんな感じかもしれません。女子高生でもないのに。










と、なんだか突然反省しました。







口に出してあれこれわがままをガンガン言う方ではないですが、基本姿勢は、男性は女性に尽くすものだというスタンスですので、(もう一度言いますが、直接本人には言いませんが、強くそう思っています)






この基本姿勢変えた方がいいのかな








と朝から男子高校生に教えてもらった気分です。









なんの話やねん。


と思われているかと思いますが、その通り、かなりなんの意味もないお話でした。













というわけで、女子高生でもないのにお高く止まっている自分を恥じまして、姿勢を見直す所存です。










不器用ながらも、あれこれ気を遣ってくれているボーイフレンドに感謝して、39歳、JKマインドを卒業したいとおもいます。













今日はコンシーラーのお話をするつもりでしたが、朝の衝撃により、こんなお話になりすみません。



クマ隠しのテクニックは近日に。












それでは今日もステキな一日をお過ごしください◎















noriko