メイクアップベースと時差モテとは。




美味しいレストランのシェフの出勤時間の早さを聞いて








そりゃそうか。。。








と納得させられることがあります。










このスープがこんなに美味しいのは



このお魚がこんなに美味しいのは



このスイーツがこんなに美味しいのは










お店がオープンする前の、仕込みの手間暇の賜物。


(当日だけではなく、何日も前から仕込んだものもたくさん。)









私は予約して、お席に案内されて、その日の気分をお伝えして、ただ出してくださるお料理を楽しんでいるだけで

(真剣に楽しんでいます)





想像できないほどの手間暇がかかっていることは想像できますが、




やはりもちろんそれらは想像がつきません。










ふとした会話にでてくる、想像もできない"仕込み" "下処理"





美味しいレストランはいくらでもありますが、特別に惹かれてしまうお店とは、その見えない



"仕込み"や"思い"



に、知らず知らずに心惹かれているのだと感じます。










お察しの通り、今日はそんな




"仕込み"



となるメイクアップベースメイクのお話。









メイクといえば




キャラクターを決めるポイントメイク



肌の印象を決めるファンデーション





の順に視界に入っているイメージですが、








パッとみて印象的な華やかなアイメイク



よりも



心を奪うのは、美しい肌(ベースメイク)








つまり、ファンデーションの質感の印象は、人の本能に働きかけます。








ファンデーションは、メイクアップベース次第で、いかようにもなります。








丁寧に仕込まれたメイクアップベースに重ねるファンデーションは、ますます磨きがかかりますし




肌とファンデーションのつなぎ役(慣らし役)であるであるベースメイクは、それぞれの状態を把握したうえで選ぶ必要があります。








どんな肌に仕上げたいか?



それに相応しいファンデーションは?



そのファンデーションと素肌の相性は?



それに足りないものを補うメイクアップベースとは?



そしてそれをどう塗るか?












ファンデーション頼み



ではなく、



"丁寧な仕込み"






ぜひ、意識してみられてくださいね◎










その人の努力は、前にでていないからこそ美しい。



あぁ、こんなに美しい(美味しい)のには、そんな努力があったのですね。



と、時差で気づいていただいたときの破壊力たるや。


(したたかにまいりましょう。笑)











それでは今日もステキな1日を♡











noriko