top of page
検索

世界は広いと思うたび、狭くあろうと思うお話。



最寄り駅がジブリに出てきそうなぐらいロハスなので毎朝夏休みに帰省してきたみたいな気分になれますメイク講師が22時をお知らせいたします。










この幸福感高めなライフスタイルは心から推せます。













さて、そんなおそらく日本一のローカルに住民票を置きつつも、実際に滞在するのは毎月数日なのですが、田舎育ちの魂100までのようで、ストレスがありません。





かと言っても、毎日ずっと田舎に缶詰というのも好きではないので、今のライフスタイルは結構お気に入りです。






表参道や青山などキラキラな街で過ごしたり、いい意味でごちゃっとした大阪も居心地は良く、沖縄の青い空と海に癒され、福岡の“ちょうど良さ“ でリセットされ、異国のシンガポールでドキドキしっぱなしたり。









いろんな場所があって、いろんな人がいて、いろんなサービスがあるなぁ。








と、田舎者には毎日新しい発見が続きます。








そして、そんな新しい何かに出会うたびに、何かになろうとすることや、誰かがしていることを目指すことに、魅力を感じなくなります。






「あれこれ手を出してぼんやりした人生にしたくない。」




と、再確認します。









自分の偏愛に素直に、そして自分の才能やスキルを磨き続けること。





たった一つのことに集中した人生にしたいと感じます。






(もちろん視野を広く持ち、必要なリスクヘッジをした上で)








世界は広い。




だからこそ、自分の在り方は狭く狭く。









そんなことを考えさせられるこの頃でございます。










あなたの “狭く“ は何ですか?






一緒に探していきましょう。








なんでこんなことを考えているかと申しますと、明日はそんなことを考える勉強会だからです。



主催をさせていただいているのですが、参加者さんにお出しした事前課題に、自分も便乗してこんなことを考えております。


久々の山の中での勉強会。楽しみです。












それでは今日も1日お疲れ様でした◎












noriko











bottom of page