検索

伝えるスキルを育てたいというお話。








昨日の記事のやや続きとなりますが






ひとそれぞれに


辞書


を持っていると思います。








自分と相手の辞書が違う場合、同じことばを使ったとしても、受け取り方は真逆となってしまうこともあります。






そして、ここで思うのが






伝わらないなぁ






と気づく場合はまだokで






なんとなく伝わってしまった








ことの方がリスクだということです。












え?どういう意味?


と例えば聞き返してくれれば、


改めて別の言葉で伝え直します。







なので、時間はかかれど、きちんと伝えることができます。











ですが、なんとなく伝わってしまった



もしくは、わかったような気になってもらえた



もしくは、わかったふりをしてくれた








場合は、こちらは伝わったと思うことで、その後も相手への伝え方を変えようと思わない





つまり、伝え方の別の方法を開発するチャンスを逃してしまうわけです。












ということは






"上手く伝えられなかった体験"







伝え方のストックを増やすチャンスになると思ったりしています。









このひとは、これよりこう伝えた方が伝わるのかもしれない





前はこう伝えたから、今度はこの角度から伝えてみよう









など。









自分の伝え方のスタイルを極めることも大切ですが、



相手やオーディエンスによって、伝え方のバリエーションを増やすことも、大切なような気がしています。








(この発想がそもそも、相手に合わせてしまうタイプの発想な気がして、つまり個別化の資質を持つ人の強みなのかもしれません)











そして







メイクは、その "伝え方" の一つの手段でもあります。







私はこういう人間です






を0.1秒で伝えることができるメイク










ながながとプレゼンするよりも早くて明確。











みなさんのメイクが、0.1秒のステキな自己紹介になりますように◎










応援しております♡















さてさて、そんな今日は日曜。


メイクレッスン5クラスと、セルフブランディング関連講座3クラス。



日曜は頭と指先をフル稼働です◎老化防止。














それではみなさま、今日もステキな日曜をお過ごしくださいませ◎














noriko