検索

何事もバランス。でもそれが一番難しい。というお話。










ワインを飲んでしまったので夜ヨガは不可能になったのに、結構早い帰宅だったためあと2時間も時間があるなぁということで、珍しくホテルで映画でも見ようと検索していたら、藤原竜也さんの映画を発見し幸せな夜を過ごしましたメイクアップアーティストが9時をお知らせ致します。








ダメ男な役柄が多い藤原竜也さんですが、そこがまたいいです。











さて、昨日の記事から引き続き、時間とエネルギー(体力と精神力)の使い方について考えております。


そしてとある考え方を開発しました。






“考える“のがお好きな方はこのままお進みください。


don’t think, feel 派の方は、進まない方がいい気もしますがお暇でしたらぜひお付き合いください。









脳科学の本などを読むと大抵書いてあるのが、集中力には容量があるということ。


限りある集中力を無駄遣いしないための方法、または、集中力を回復するための方法など。


自律神経からのアプローチや、フィジカルの健康からのアプローチなど様々ですが、


要するに、








①容量があるということ


②思考&体力の両方が影響すること





に整理できると考えました。







以下は私の脳内のメモです









まとめたら、とても当たり前な感じになってまとめるほどじゃなかったです。

でも納得しました。









言葉でまとめると、





良質な睡眠と食事


適度な運動


悩まない











どのメディアでも言ってることになりました。


そういうことですね。






あとは、それらを24時間、1週間、1ヶ月単位でどう組み立てるか。



に個性が出そうです。




というわけで、自分の集中力がどんな時に使い切られて、どんなことをすると復活するのか、そしてそれらをどう組み合わせると24時間を無駄なく使うことができるのか。の自分verを考えている日々でしたがいい感じの仮説が出ました。








①アポイントのある仕事


②アポイントのない仕事


③勉強


④美容





に分類しました。




①アポイントのある仕事

は、もちろん何がなんでも手を抜けませんし、リスケも不可能です。

なので、逆に、わざわざ自分で気合を入れなくても勝手に気合が入るようになります。



②アポイントのない仕事

は、集中力のあるなしが敵面にパフォーマンスに影響します。

無計画に始めてしまうと、なかなか進まなかったり、逃避したりしてしまいます。



③勉強

は、緊急ではないが重要なこと、というまさに、人生を大きく分けるファクターですが、

やはり緊急ではないので、集中力がないタイミングにしようとしても、②と同じ感じになってしまいます。



④美容

は、私にとっては半分仕事でもあるので、①と③との両面を含みます。

よって、そのばしのぎなこと(メイクなど)は①、長期計画のもの(yogaなど)は③と類似します。












長々となってしまいましたが、これらから考えたアクションプランは







①アポイントのある仕事


をまず予定に入れます。



そしてまだ集中力のあるお仕事前(朝)に


③勉強

④美容

入れます。



そして、①を気合で乗り越えたら、少しだけ休憩して集中力を回復させて



②アポイントのない仕事

③勉強

④美容


を入れます。






そして、逆算したいのは、


②アポイントのない仕事

③勉強

④美容



が、きちんとできる余力を残した


①アポイントのある仕事


に制限すること。







となりました。












スッキリ。








と、ロジックは完成しましたので、今日から半年ほどかけて、

こんな感じのライフスタイルを実行してみたいと思います。













と、本日も長めの独り言になり申し訳ありません。




みなさんもぜひ、24時間の  





パフォーマンス&幸福度の最大化 





妄想してみてくださいね。











さてさて、本日も福岡からお届けいたしました。


今日も福岡の男性は優しいです。(徳島と随分違います)













それでは今日も素敵な1日をお過ごしくださいませ◎














noriko