検索

彼女がキレイになった理由。












バスタブからおはようございます。





 



昨日から試しておりますのは、朝ヨガ前に足湯をする。







です。









43℃。


熱々です。










ふくらはぎより下のみ、熱々のバスタブに入れて、短時間で血行をよくしてからのヨガ。





汗が出るのを待ちながらブログを書く。







というのはどうでしょう。











ブログを書き終えたらさて、集中してヨガを。













だだのテストです。論拠など謎ですが、いつかどこかの専門家と答え合わせをしたいと思います。








こんな優雅なことができるのは、出勤時間に予約のある大阪出張中だけです。




朝の過ごし方も地域によって変わります。











さて、なぜそんなテストをしているかと申しますと、










美容スイッチが入りました。











(昨日の記事で、美容とはモチベーションに頼ってはいけないと書きましたが、頼るのはいけませんが、ストレッチゾーンを広げる時には、このような一過性のエネルギーが必要です。のでokです。)










そして、なぜ美容スイッチが入ったかといいますと







ボディメイクのmikaさんと、互いの過去のとある写真をシェアしあったからです。










写真自体は、まさか公共の電波に乗せられませんで、ここでは文字だけにさせていただきたいのですが、とにかく












ひどい









お互い今より10キロほど?増量されていますし、



お洋服もヘアもメイクもとんでもなく、



今の我々よりも、昔の我々の方が断然老けているという








言葉では足りずもどかしいですが、とにかくひどい仕上がり。











その後、それぞれにダイエットなどに励んだわけですが、10年近くのビフォーアフターに、お友達たちから衝撃とのコメントをいただきました。







(その写真が面白すぎて、2日間お腹抱えて笑いました。)













自分のことは棚に上げて、mikaさんに、なんで痩せたり今キレイになったのか?を聞いたところ









やはりきっかけは"恋"でした。










わかりやすくてよろしい。











美容家として、美しくなるため、の方法(私はメイク)を、できる限りロジカルに、根拠のあること、再現性のあること、をお伝えするのがお仕事なわけですが、無責任なことを申しますと












恋すればいい











です。









もちろん恋とは、異性に対してだけではありません。


お仕事でも趣味でも。


寝る時間を惜しんででも取り組みたくなるような、夢中になれること、です。










ひとは、殆どのことを感覚で判断しています。



あれこれ理屈をくっつけても最後は










恋をすること








には勝てません。








と、なんだか腹落ちした夜でした。












いやー






衝撃のお写真、お見せしたい。










今週末のMembership限定ライブなどでご覧いただきましょうかね。考えますね。とにかく面白いのです。














というわけで、39歳。


自分のものさしでいえば、今の自分が一番好きです。



そしてそう思えるのは、いろいろあれど、過去のボーイフレンドたちのおかげであるとみなさんに感謝です。拝みます。








もちろん今のボーイフレンドに一番感謝。



(彼はビジュアルもいいので、こちらにかなりの緊張感があります)











あの頃に戻りたくない、という半ば恐怖観念により、昨日から美容スイッチオンでございます。












そうこうしていると足湯だけでも滝汗です。


そろそろヨガしてきます。











それでは今日もステキな1日を◎












noriko