検索

手っ取り早く、は本当にダメなのか?






ビジュアルは、インターフェースである








と、澤円さんの本で読みました。


「疑う」から始める。 

〜これからの時代を生き抜く思考・行動の源泉〜

出版:アメコム






意識高い系のようなタイトルでここに書くのを躊躇しましたが、笑、澤さんのファンですので、書籍は大体読ませていただいており、心地良いお話ばかりで最高です。










つまり、画面が美しいだけで、CPUが全然ダメなPCは論外ですが、画面が美しければ数字を見やすくしてくれる。


ように、


外見がいくら良くても仕事っぷりが全然ダメな人は論外ですが、仕事がきちんとできている上で美しいのはもちろん素晴らしい。



という感じの内容でした。









なるほど、ビジュアルはインターフェース。しっくりきます。









さらに言えば、



食生活を改善して、ワークアウトをして、ボディラインを美しくすることや

スキンケアを頑張って肌を美しくすることや、

ヘアケアを頑張って、髪を美しくすることや、




とにかく、カラダそのもの、を改善するのは簡単ではありません。

今日明日手に入るものではないという意味では、人間力を鍛えるのと同じだと思います。












お察しの通り











メイクは手っ取り早いのです。







(もちろん、本当の意味では、メイクも同じように、すぐに変われませんが、今日はスキップします)













手っ取り早く、キレイになりたい浅はかな人は、ぜひメイクレッスンへお越しください。








という意味ではありません。

(怖い怖い)








自分を変えたい、人生を変えたい。



でも何からすればいいのかわからない。



とにかく今モチベーションは上がっている。









という場合、




手っ取り早いものから手をつける





という意味で、先ずはメイク。






そうこうしながら、ヘア、肌、ボディ、最終は人間力へとシフトしていくのでいいと思うのです。










やる気がない時もそうかもですね。


(ダイエットを頑張れなくても、メイクぐらいは頑張れるはずです)










というわけで、私はメイク講師という職を選んでいます。






難しくないのです。くびれを作るより、素肌を美しくすることより、人間力を高めるより。


はるかにはるかに手っ取り早いのです。











人間力を磨きたいと思ったら、まず小さな一歩として





メイクを変えてみる







オススメです。














それでは今日もfabulousな1日をお過ごしくださいませ◎












noriko



PS

この記事を書いている際、親友のけいちゃんとのチャットで

めっちゃダメそうな小学生の男の子が可愛いというお話になり、自分が親なら可愛いと思えないという話にほっこりしました。

自分の旦那さんがダメだと許せませんが、ボーイフレンドはダメな方が可愛いと思います。

このお題は面白いので、改めて記事にしたいと思います。