検索

最初に頑張らない方がいいと思うというお話。









アイスのためのスプーンをコンビニでもらい忘れて以来気をつけているのですが、素麺をコンビニで買った際にお箸をもらい忘れて、食後のアイスを食べるためにもらったスプーンで素麺をいただきましたメイク講師が9時をお知らせいたします。










食べ物に適切な道具、って大切ですね。お味が変わります。














さて、今朝も木下勝寿さんのマッチョな本を読んでいたのですが、ひとつ、腹を括りました。









アップデートからは逃げられない。







です。






 木下さんのこの著書は、ファンダメンタルとテクニカルマーケティングの両方からの視点で描かれており、ごもっともしか言いようのない、耳の痛い本となっておりますが、こういう地道で真面目な本は結構好きです。




 マーケティングも美容も同じと思うのですが(この理由はまたいつか)、テクノロジーが加速度的に進化しているわけで、それに伴い、市場(トレンド含む)もあっというまに変化しています。




全てがその流れについていかないといけないという意味ではないですが、これで完璧!みたいなものってもうほとんど存在しないのだと思います。





ということは、大きなコスト(労力)をかけて、大きな投資(頑張る)をしたところで、来年にはもうそれにはさほど価値(効果)はなかったりします。





だとしたら









最初に頑張りすぎることは効率悪し










です。









最初にすっごく頑張る!




より





できることを見つけて頑張り続ける







の方が、最終的に効率はよいのだと感じます。






うさぎとかめでしょうか。













あなたは、頑張りすぎてはいないですか?

















というわけで、朝から推し活を楽しんで機嫌のよい感じでございます。

今日から大阪にてPersonal Make Lesson です。

今週末も満席。

関西の皆様いつもありがとうございます。












それでは今日も素敵な1日をお過ごしくださいませ◎










noriko