無理をしない





頑張りすぎなくていい

無理をしなくていい

少しずつでいい

こんな優しい台詞は、私たち大人の女性を救ってくれるように感じます。

頑張れない自分にokをもらえたような、休憩する罪悪感を払拭してくれるような、心が軽くなる気分です。

今日は

R辞典2021 3ページの解説をしてみたいと思います。

(ダウンロードがまだの方は、記事を読んだ後ぜひHPへ◎)

atelierR はベースメイクへのこだわりが一番強いわけですが、

Mapping Base Makeup という

5ステップのテクニックを使っていきます。

これは、私の尊敬するメイクアップアーティストの方々のいろんなテクニックからヒントをいただき、atelierR オリジナルのレシピになります。

#rumikoさん

#濱田マサルさん

#河北裕介さん

細かなテクニックは次のページの際に解説させていただきたいと思いますが、今日は、概念のお話を。

1 "全部塗らない"ベースメイク

2"極限まで減らした量"

がポイントになるわけですが、5ステップあります。

5つが多いか少ないかの感覚は人それぞれかと思いますが、

例えばファンデーションだけで、クマやシミをカバーしようとすると、ファンデーションの役割はそうではないため、どうしても無理が生じます。

べたっとのっぺり、古臭いお顔になってしまいがちです。

逆に、コンシーラーだけでピンポイントにカバーしようとすると、素肌とのギャップが生まれやすく、それはそれで、なんだか無理が生まれてしまいます。

パウダーなしも

パウダーのみも、同じことが言えます。

何かに極端に偏ると、それは結果として無理をすることになります。

無理をしないこととは、

手を抜くことではなく、

無理が生じないように事前に設計して取り組むこと

だと考えています。

過剰な頑張りや無理というのは、回り回って効率が悪いもの。

無理をしないことが、本当の意味ではパフォーマンスが高いのだと感じています。

一発逆転を狙う無理をし続けて何もあてられずにいるよりも、よく考えて、無理が生じない設計をし、そして着実に実行していく。

ある意味、計画性や粘り強さや精密さが問われるのだと思います。

無理をしなくていいよ、のトラップに惑わされずに、笑、したたかに生きたいものですね◎笑

お話が盛大に逸れてしまった気もしますが、笑、無理をしない優雅なベースメイク、ご提案させてくださいませ◎

次回は、ベースメイクの具体的なお話をさせていただく、かも、しれませんのでお付き合いいただけますと幸いです。

それでは今日もステキな1日を◎

noriko

明日夜9時から、Personal Make Lesson (7月は徳島のみとなります)のご予約受付を開始致します。

梅雨、夏の時期でもあなたのお肌にピタッとフィットするベースメイク、ご体感くださいませ◎





noriko