検索

目立つとは何か、を、考える。







お友達からポリアモリーの本を薦められて、今朝の読書時間からそれを読みはじめたのですが、いろんな宗教や文化の歴史の話から始まり、想像の何倍も壮大な感じに戸惑っておりますメイクアップアーティストが9時をお知らせ致します。










本1冊にするぐらいですから、そりゃそうですよね。何事も背景大事です。











さて、今朝は多様性について考えています。



ダイバーシティーダイバーシティーと数年前から賑やかですが、それってある意味、マジョリティの方々のお声な気がしています。




マイノリティ側からすれば、大きな声を出すことではないのです。多様性がある状態の方がむしろ自然なのです。










なぜふとそんなことを考えているかと言いますと、目立つ、目立たない、ってなんなんだろう。





というお話。







目立つ、というのは、そのようなものが少ないから目立つのであって、つまり、目立たないようにしようとすれば、他に合わせればいいのです。





が、メイクやビジュアルに関して考察してみると、







人から素敵だと思われたい



という欲求は



ある意味、




目立ちたい



という欲求と重複する部分があります。








自分らしくありたい







ひとと違っていたい




と一部重複します。









なのに、美しさの指標がなんとなく存在します。


トレンドも然り。



そしてメイクの正解がわからない、と悩みがちなのです。












極論すぎるとは思いますが、そこには矛盾が確実に存在しているのです。







またややこしい感じになってきましたが、事例を申し上げます。









先日、私個人の大きな矛盾を発見したのです。








無駄なコミュニケーションエラーが起こることを避けたいので、あまり大きなコミュニティに属したいと思いません。





ひとの数だけ、エラーのリスクがあると考えています。






なので、フリーで働く方が好きですし、異業種交流会なんて怖すぎて行きません。







働き方に関してはミニマリストですので、人と比べられたり注目されたくないので、できる限り自己完結できる方向にワークスタイルを研究しています。














はい




お察しの通り











これ、逆効果やんか。











つまり、多様性のない国(さらにわたしは地方在住)で暮らしているのに、誰もやっていないこと、をすることはむしろ悪目立ちするのです。









この理論からいくと、目立ちたくないわたしは、





大きめの組織に属して、空気を読みながら働く




が正解だということになります。










真逆やんか。









という気づきから、目立つ目立たない問題には、いろんな矛盾が存在するのかもしれない、と、働き方や美容や人間関係について見直しているところです。











なんの話やねん。










すみませんオチも結論もございません。



ただそんなアンテナが立ちましたよ、という独り言でした。











希少価値



存在感





目立つこと





について、あなたはどう考えられていますか?








個性的なメイクも、ありきたりなメイクも。


わたしはどちらも肯定です。








あなたが心地よいと思う方を選択されてくださいね◎













さてさて、今日は神戸でPersonal Make Lesson 。


2週間弱の出張は本日で終了です。



今夜から四国へ帰ります。









こんなワークスタイルも、マイノリティのようですが、私はとても快適です。


ワークスタイルはポリアモリーです。(例え間違ってますか)









それではみなさま、今日もステキな一日をお過ごしくださいませ◎














noriko