検索

自分の背中は自分で押そう。








毎日スターバックスや喫茶店に行くので、コーヒーラバーと思われていることが多いのですが、コーヒーは飲めませんので毎日紅茶を飲んでいるのですが、サロンの近くにあるコーヒーが有名な素敵な喫茶店でいつも紅茶を頼むのですが、先日オーダーの際に、いつもの癖で、ホットのアールグレイで、とお伝えするとマスターがややびっくりした感じで、後ほど、アールグレイが入ってるってよくわかったなぁ。(こちらは紅茶もオリジナルブレンドで少しだけアールグレイが入っているそうです)よく飲んでるねと褒めていただきましたが、完全にいつもの癖だったとは言いにくい感じになりましたメイクアップアーティストが9時をお知らせいたします。









でもアールグレイの香りがしていたからだと思うので、結果○です。ちなみにそちらの紅茶は一番好きです。









さて、昨日のkimiyo さんとの女子会はまさかの4時間もありました。昨日のテーマは、大人(オーバー60) のファッションやビューティーの現状について、でした。色々お勉強になりました。


そしてその他はいつも通り経済や恋愛の雑談なのですが、いつもkimiyoさんに驚かれるのが、私の忍耐力について。


(ちなみにこの忍耐力は、kimiyoさん以外にも定評があります。)



全てのことに対して忍耐力があるわけではもちろんなく、どちらかと言えば、忍耐力低めな性格ですが、こと恋愛においては、忍耐力に定評があります。(自覚はありません)





以前、天然のボーイフレンドが、とんでもない地雷を踏んだことがありました。

このお話を数名の友人にしたのですが女子たちの空気が凍るレベルの、そんな地雷を踏んでしまった彼ですが、等の本人は全く地雷を踏んだ自覚はなくむしろニコニコしているレベルですので、私もニッコリスルーしました。


(もちろんちゃんと根には持っています。)



が、悪意のない彼にそれをいくら説いても、意味がないどころか逆効果なので、そんな時は、聞こえないふりか、にっこりスルーします。


(でもしっかり根には持っているので、心のメモにはおそらくストックされています。)







昨日のkimiyo さんとの雑談でもそんな会話になり、信じられないとお褒めいただきました(お褒め、であってるのかしら)




とそんな会話をふと振り返り。なぜ自分がそうするのかを考えてみましたが、きっと





自分の機嫌は自分でとる





と最近よく言われますが、まさにそれかなと。

彼に怒って機嫌をとってもらうことの労力と、自分の中で解決することの労力とをその瞬間に天秤にかけているのだと思います。




そして答えは一択。



わざわざ響かない人に自分の要望を押し通すまでして、いいことは待っていません。


であればにっこりスルーして、楽しいデートを継続した方がよほど価値があります。

(個人の感想です)









と、そんな思考から派生して、これまた最近流行りの、




一歩踏み出そう、挑戦しよう、界隈。






仕事でも、プライベートでも、挑戦しよう!がトレンドで、そして、


でもその勇気が出ない場合は、誰かに背中を押してほしいと思うもの。



ですが、他人である自分の背中を利害関係なく押してくれる人を探す労力たるや。








自分で押しましょう。







どうすれば押せるのか。その方法は人の数だけあるとは思うのですが、


私たち大人の女性にとって、メイクはその役割を果たすのではないでしょうか。









最近60代以上の女性のファッション&ビューティー市場は急拡大しているわけですが、


メイクやお洋服を楽しむことでお出かけしたくなって、という流れは元気の源のようですね。納得です。






メイクが決まった日は、自分で自分の背中を押してあげられそうな予感です。








私はフェミニストでも意識高い系でもないですが、自分の背中を自分で押せることの効率の良さを痛感して生きておりますので、皆様にもオススメいたします◎



そのための、Personal Make Lesson です。






先日、自分のメッセージをはっきりさせよう、とどなたかが何かでおっしゃっていて、そうね、と思った日のiPhoneのメモがこの



『自分の背中は自分で押そう』



でしたので、今朝はこんな記事にしてみました。



norikoからみなさまへのメッセージでした◎












さてさて、今日からまたホテルステイ。


今週末は大阪、週明けから移動して福岡です。再来週は神戸。




今月も、いろんな場所で、いろんな女性の背中を押すためのお手伝い、させていただきますね◎


ご予約くださっている皆様、お会いできるのを楽しみにしております。










それでは今日も素敵な1日をお過ごしくださいませ◎












noriko