top of page
検索

苦手なことには手を出さない、に立ち戻ったお話。


昨夜のパーソナルトレーニングにて、1.5kgの錘を両足にそれぞれ巻いての自重トレーニングで3kgってこんなに重いのかという衝撃により最近3kg増量したことをネタにしていましたが、全然笑えない感じになってまいりましたメイク講師が徳島より9時をお知らせいたします。















わたしはどこまでいくのでしょうか。どこまででも行ける気はします。















さて、そんなひとさじの不安を抱えておりますが、昨日は師匠であるステキなマダムとの定例会でした。




事業をリタイアされて時間ができた彼女とは、定期的に座談会を開催していますが、昨日はすごくお久しぶりでした。








お互いの近況報告をしあい、ケラケラと楽しいひとときですが、わたしはいつも、"お商売"の師匠である彼女に、アドバイスを希望しています。



事業内容もスタイルもまっったく異なる我々ですが、やはり先人の直感は、いくらでもいただきたいものです。







昨日も、わたしのこれからの活動の予定について、彼女は








その広げ方ってうまくいかない気がする









とひとこと。







わたしも、薄々気づいていたことでしたので、はっとしました。




それは、わたしの強みとは違う形での広げ方でした。








したことがないことって、見積もりが雑になり、なぜかできる気がしてしまうと思うのです。


達成したことはその大変さを知っているので、見積もりが慎重になるものです。








最近の私はまさにそれでした。



根拠なきそして解像度の荒い仮説。












踏みかけていたアクセルをそっと戻す勇気。


今回も師匠に救っていただきました。











改めて、自分の強み(コツコツ一つずつ丁寧に続けること)を生かした働き方を模索したいと思います。











あなたの強みはなんですか?






またPersonal Makeup Lesson でお聞かせください。











それでは今日も素敵な1日をお過ごしくださいませ◎










noriko


今日のお写真はまさに強みではないこと(被写体になること)にチャレンジしていた頃の1枚。

わたしはあくまで黒子なのに、個の時代、発信の時代と踊らされ、苦手な被写体を頑張っていた3年間ほど。それをやらないと決めたら随分と水を得ました。でもいい思い出ですが。

Comments


bottom of page