検索

読書とYogaとメイク、それぞれの距離。








毎日のルーティンがいくつかあります。







朝型な体質なわけでは全くないのですが、基本的に自己管理能力に自信がないため、夜の自分を信用していません。

(夕方以降は爽快なまでに欲に負けます)


なので結果として、“必ずやりたいこと“は、全部朝に持って来ています。








そんな朝のルーティンは




・Yoga

・読書

・シャワー

・メイク

・ブログ





といったところです。








低血圧&貧血の不健康ボディですので、朝は爽やかに目覚めるなんて過去に一度もなく、“気合い“で起きています。


5時前後に起き、7時半に家を出る。


のパターンが多いようです。







この2時間半は勿体無いと言われればそれまでですが、この2時間半を丁寧に、集中して過ごせた場合は、たいてい1日いい感じに過ごせます。







このルーティンは数年かけて構築してきましたので、今最もいい感じな訳ですが、


先日ふと、それぞれの意味や自分との距離感について考えました。








わかりやすいのは Yogaでしょうか。




Yogaをする目的はひとそれぞれで、どこを目指すのかもひとそれぞれです。




私にとってのYogaは、まずは集中力を育てるため。

そして、朝体を動かすことで、その日一日の代謝が高まりますし、何より筋力・体力がつきます。




メイク講師というと、なんだかキラキラ職業ですが、実際のところは体力仕事です。



1日立ったまま、そして、体を斜めに倒したまま、お客様の肌に触れるという細心の注意を必要とする、

肉体と神経を同時に使う、結構過酷なお仕事です。


アイライナーは0.1mmの戦いですし、ビューラーは、まぶたから0.1mmの距離のまつ毛を鉄で挟むという、 “不器用“な状態ではもちろん怪我をさせてしまいます。

(ちなみに、15年間、ビューラー事故はもちろん皆無です)




そして、私の場合は、メイクアップアーティストではなく、講師、ですので、仕上がりのコミットは当然ながら、お客様の諸々のレベルに合わせて、60分(〜90分)のクラスデザインをその場で設計する、というミッションもあります。




つまり、集中力と体力なしに、お仕事が完成しません。








(ですが、これはきっとどんなお仕事の方も同じですね)









話が盛大に逸れてきましたので元に戻しますと、Yogaの役割は、その日のお仕事のパフォーマンスを一定に保つため。となります。





となると、私は逆立ちできるようになる必要も、180度開脚ができるようになる必要も、ヨガのポーズのサンスクリット語を覚える必要もほぼありません。



Instagramを見ていると、こんなポーズできたらかっこいいな!はもちろんよく思いますが、その都度、自分にとってのYogaの目的とその距離感を再確認して、どこまで投資するかを見誤らないようにしています。









と、そんな感じできっと、ルーティンなコンテンツには、それぞれに“最適な距離感“が目的に応じて存在し、どこまで手を出すか、が決まってくるのだと考えています。











最近は、読書。




元々活字が苦手で、本とは睡眠導入剤と思っていましたが、Kindle様のおかげで、こんな読書嫌いな私にも、読書がルーティンになる日がやってまいりました。

人生何があるかわかりません。




今はとにかく朝の読書を習慣化させるために試行錯誤しているフェーズなのですが、1年ほどそうこうしているうちに、この頃は、この読書との最適な距離感を探しているところです。



そもそも読書をする目的は?どこまで投資するのか?(コストとは費用と時間と消耗具合なども含め)














そして、本業でもあるメイク。


メイクについて考えれば考えるほど、そして、自分の役割について考えれば考えるほど、







“メイクには投資しない“






というメッセージが強くなります。









そもそも、私にとってメイクとは、Yogaと同じように、


“その日1日のパフォーマンスを一定に保つための手段“


です。




毎日メイクに悩むということは逆効果です。

そこにリソースは使いたくないものです。







なので、私はメイク講師です。




果てしなく続くメイクの悩みを、少しでも軽減するお手伝いをライフワークに。





メイクはできるだけシンプルステップでいいですし、

トレンドばかりを追いかけ続ける必要はないと思います。


高級なコスメをフルで揃える必要もありませんし、

いくつものメイクブラシを管理する必要もありません。



睡眠時間を削ってまでYouTubeで勉強する必要も、

高額なメイクスクールに通う必要もありません。





大事なのはたった一つです。



その日1日のパフォーマンスを保てるような、いろんな意味で付け心地のよいメイクを習得すること






それを叶えるための効率的な手段が、Personal Make Lesson であると思います

(気が付いたら盛大な宣伝になってしまいました)





そして、そんな合理的なメニューを、とにかく楽しく。


正しいだけでは続きません。結局は,




”楽しい“




が最重要です。








楽しみながら、最適な自己投資を。





そんな思いで、私はせっせとメイクに投資しております。

(そうなると投資信託みたいなことですね。R証券です。うまいこと言えました。言えたんかな。)











今日は日曜でスタバが空いており快適なせいで、ついつい長文になってしまいました。



どこで離脱するか迷いながらでしょうに、ここまでおつきあいいただき光栄です。










というわけで、3月もいよいよ終わりですね。


来週からもう4月。








新生活に向けて、よろしければ皆様それぞれに、メイクとの距離感、再考されてみてください。












それでは今日も素敵な日曜をお過ごしくださいませ◎













noriko