逆算思考を育てる


目先のことだけをみていると、蓋を開けたらゴールできなかった

ということがよくあると思います。

期日までに提出物を満足のいくクオリティに仕上げられなかったり

雑務に追われて、読書の時間がとれなかったり

目の前のことをひとつひとつ。

なのですが、

そもそもの目標設定と進捗管理ができていなければ、本末転倒になってしまいますね。

今日は、R辞典2021 の4ページの解説をしてみたいと思います。

(R辞典2021 ダウンロードがまだの方は、記事を読んでいただいたあとぜひHPへ。フリーダウンロードしていただけます)

atelierR Mapping Base Makeup が目指すのは

ツヤ・透明感・立体感のある肌

そしてこれを擬人化して言えば、

幸福感がありがら、誰にも媚びない凛とした肌

※出典:辞典2021 2P

どんな肌やねん

というお声も聞こえてきそうですが

では反対の状態を考えてみましょう

ツヤがなく、透明感がなく、立体感がない

つまり

カサカサで、くすんでいて、のっぺりしている

状態です。

(怖い!でも実際なりがちではないでしょうか)

ツヤと透明感と立体感を叶えるために、

そして、できるだけ付け心地が軽く、ステップも増やしすぎずに、というところも考えてレッスンでお伝えさせているのがこの5ステップです。

今日はその中の3ステップのお話です。

メイクアップベース

コントロールカラー

リキッドファンデーション

これらをお顔全体に丁寧に乗せてしまいがちですが、ここで一旦、ゴール設定を明確にしたいと思います。

最終的に仕上げたいのは、

"洗練された大人のナチュラルメイク"

です。

そしてその要素のひとつであるベースメイク。

そうです、ベースメイクはあくまで要素の一つにすぎません。

ベースメイクをする際に、なりたい肌、だけをイメージしてしまうところに、エラーが生じます。

→ポイントメイクがその後行われることを忘れがちです。

メイクとは視覚で認知されます。そしてその視覚とは

色と質感とデザインに影響を受けます。

そしてそれらは関係しあって、影響しあいます。

細かくは後日にしたいと思いますが例えば、

チークを入れてない日、血色が悪く感じますよね。

ということは、逆算していきたいのですが、

肌の現在地から、チークが入ると、透明感、血色感、立体感、がupします。

つまり、チークがポイントupさせてくれる前提で、ベースメイクはそこまで頑張らなくていいということになります。