検索

アイシャドウの役割とは。







目は口ほどに物を言うのか。







おしゃべり上手よりも聞き上手の方がモテるように、口より目、が大事なシーンはよくあるように感じます。






そして、アイメイクに悩む



そんな大人の女性はたくさんいらっしゃるのかと思います。








この、「アイメイク難しい」は、とてもとても、抽象度の高い考えです。





アイメイクだけでも、




1.目の周りのベースメイク


2.アイシャドウ


3.アイライナー


4.ビューラー


5.マスカラ






と、要素は5つも。



そしてアイシャドウは1色使い〜4色使いなどまで、その組み合わせのバリエーションは無限に。






これらを総合的に考えて、メイクレシピをご提案させていただいており、それがとても難易度が高いのかなと思いますので、


今日はアイシャドウだけにフォーカスしてみたいと思います。







まずは、役割。



アイシャドウは上記の中でも、



#面積


#色


#質感






このあたりが要素になります。

ということは、目元のニュアンスと立体感をコントロールする役割を担います。







どんなことを語る目元にしたいのか、がまず先に来て、そして立体感をどんなふうに出すのか、をイメージします。







濃淡のギャップをつければ掘り深く、ギャップを減らせばふんわり優しく。






赤みを帯びればセンシュアルに


黄みを帯びればヘルシーに


グレイッシュにすれば知的に


青みを帯びれば上品に




(もっといろいろありますが、平たくいうとこんな感じ)






マットにすれば媚びない印象に


繊細なパール感でエレガントに


グリッターやクリスタルでテンション高めに








単色でナチュラルに


複数色でドラマティックに









など。









つまり、何を物語りたいのか?

をまぶたで表現するわけですね♡



(今日もややこしい)








とても浅はかにまとめますと、


アイシャドウの役割は、ニュアンスと立体感です。




えーっと、今日はここまで。笑







次はアイライナーのお話もさせてください◎










それでは今日もステキな1日を♡