(HP限定)目的が曖昧になったら






焦りや執着は



そもそもの目的を見失しなわせることがあります。








目的のために行っている努力が、いつのまにかそれ自体が目的になってしまうことが多々あります。












学生の頃からずっと、自分が太っていることがコンプレックスで、365日、24時間痩せたい痩せたいと悩んでいました。


(でも努力はできませんでした。かわいいやつです。)









朝起きたら10キロ痩せてないかなー


そしたらそれを維持するのになー





が口癖で、

(この思考で痩せたカラダを維持できるわけありませんが)





とにかく痩せたいに執着してきた半生でした。










そしてそれは今も変わらず、365日24時間、痩せたいとどこかで考えてしまいます。




大人になれば、痩せるだけでは美しくないというのは重々わかっておりますが、

とにかく痩せたいと本能的に考えてしまいます。













少し話が矛盾しますが、




毎日のヨガやトレーニングが習慣になって2年以上になりますが、


これは、痩せるためではなく、精神を鍛えるために行っています。

(すごい矛盾。もはや嘘に聞こえますが)










フリーランサーとして最も欲しいものは、



タフな精神力




です。









体力と精神力は結構リンクしていると感じていますので、弱気になってきたらトレーニング量を意識的に増やすようにしています。笑







というわけで、ココロを整えるために頑張っているトレーニングが、



とはいえいつからか痩せたいに変わり、



そしてある程度痩せてきて今度はメリハリが欲しい、となっているのに、 


まだなお"痩せたい"が邪魔をして食事やトレーニング量の調整がうまくできなかったり。