top of page
検索

atelierR が同業者welcomeな理由。






私は今日もそっと雨、レイニーブルーなメイク講師が15時をお知らせいたします。











沖縄の雨には耐性がありますが、それでも晴れてくれた方が嬉しいものです。














さて、今日はとある皆様に、atelierR とは、を自己紹介させていただく会からスタートでした。



沖縄から、港区のアーティストなみなさまに向けてオンラインにて。







キラキラ♡








な感じですが、久々に、はじめましてに近い方々にセルフプレゼンテーション(しかもオンライン)というのは、それなりのプレッシャーで、今朝はなんだか寝不足でした。







睡眠時間はとれていますが、変な夢見て眠りが激浅だったのでしょう。



(3階建の木造住宅に10キロの太陽光パネルを取り付ける現場の指示をする夢でした。なんの夢やねん。)









セルフブランディングやセルフプレゼンテーションの講座や講演会をさせていただくことがあったりもしますが、自分のそれは久々で、






そして、オーディエンスによって切り口などはもちろん変わるため、






いい機会だと、スライドを作り直すことからでした。








プレゼンのためのプレゼン、ということで、年始に王子様にプレプレゼンをさせていただいたところから、もろもろアップデートして本日。






80ページのスライドを20分で。







その仕上がりやクオリティはさておき(さておくんかい)、




改めて、自分のこと、atelierR のことをを客観視した数週間となり、



たくさんの発見がありました。










そこで今回の発見をひとつ

(誰か興味あるんかな?はさておき)









私(atelierR )には、ライバルがいないだけではなく、むしろ同業者welcome








と考えているということです。












うわーーー強気な嫌なやつ










と思われたみなさま、ご説明させてください。








Personal Make Lessonには、同業者の方もちらほらいらっしゃいます。



なかには完全に同じようなお仕事を始めようとされている方も。







No problem です。







実際に今同じようなことをされている方は遠慮されているのか、ご本人が来られることはないですが、そのご友人など関係者の方はいらっしゃいます。








そして、今朝のプレゼンも、同じくPersonal Make Lesson のようなものをこれから展開していきたい感じのお方と。













40歳になったからなのかわかりませんが、



時代のせいかもしれませんが












何かを囲い込むこと







って、もはや不可能なのだと思っています。











全ての消費者には、選択の自由があり、年々その自由度が加速度的に強まっているわけですから、





何かを囲い込んだり、情報を守ったり





大切なことではありますが、デフォルトとしては、







"全てのことは、独占できない"







のマインドの方がむしろナチュラルなのだと思うのです。







であれば、いっそ






関わる人が多い方が諸々よいことがある









というマインドです。












なので、



atelier Rは




同業者さんwelcomeです








という記事を途中まで書いていたら、先ほどのレッスンのお客様は、まさに、このようなことをしてみたい、という美容師さんでした。





 








というわけで、本日のレッスンはあとおひとり。





レッスンのあとは、オンラインサロンのお仕事などで、今夜は乾杯の予定です◎














あとひとがんばり。





それでは午後も素敵なひとときをお過ごしくださいませ◎

 












noriko



















bottom of page