SNSデトックス




体験と価値とボーダーライン

これはよく何かの事象について考えるときの私的キーワードです。

同じ体験をしていても、その価値は人それぞれ違っていて、そして満足するために必要なボーダーラインがどこかにある、というのが持論です。

(意味わかりませんねすみません。笑。またいつか説明させてください。)

最近の探検(何かを知りたくなってそれを覗きにいくこと)は、スマホまわりの体験についてです。

1日のうち、何時間も、私たち大人はスマホに時間を取られています。

隙ができたらなんとなくスマホを覗きます。

スマホを覗くのが一概に良くないわけではなく、そこで何をしているのかが問題であると考えています。

そして、きっと、最も時間を割かれて、そして、そのあと罪悪感を感じるのが

(あまり意図のない)SNSサーフィン

かなぁと感じます。

ですが、SNSサーフィンも場合によってはとても大切な場合もありますので、それも一概には言えません。

そこで、SNSに依存してしまう理由を考えてみました。

私の場合は、ただだらだら見てしまうこともありますが、情報収集のつもりで使っていました。

または、救ってもらえる言葉を誰かに言って欲しいとき。

この2つの場合には、意味があると感じています。

だとしたら、

情報収集の場合であれば、web新聞

誰かに救ってもらいたいときは、Kindle

と同じであるか、むしろ、そちらの方が質が高い。

と気づき、移動時間にスマホを見たくなったら、スマホのアプリをSNSではなく Kindleをタップする、という習慣に変えようと試み中です。

クセ、はなかなか変えることができません。

ついアプリをタップしてしまう、は、なかなかやめられないもの。

だとしたら、そのアプリを変えるだけで、価値が随分と変わると思った次第です。

そして、atelierR のInstagramを見てくださっている方々にも、

なんとなく、私の発信を見てしまい、無駄な時間が過ぎてしまう、というのがあったら申し訳なく思ってきました。

(だったら書くなよと言われそうですが笑)

この毎朝の記事のどの部分に価値を感じていただけるかの仮説を立てたり、いろんな体験を想像してみましたが、

この記事が、誰かの心を軽くできているのだとしたら、それはInstagramの中である必要はないのかもしれません。

スマホで手軽に。

ちょっと疲れたときに覗きたい場所。

だとしたら、それはKindleは難しいのですが、笑、HPの方がいいのかもしれません。

というわけで、先日から、Instagramの記事をHPにコピぺすることを始めてみています。

そして、少しずつ、Instagramでは、さらりと楽しめる内容だけを残し(一瞬で心ときめくコスメの写真や、ストーリーズのアンケートシリーズや、笑、そのほか、さらりと楽しめるもの)

本当に伝えたいメッセージは、HPの記事にして、

なんだかちょっと元気がほしいときに覗きに来ていただければと思っております◎

限りある人生、時間の使い方で、人生は変わると考えています。

atelierR との時間が、だれかの毎日を少しでも元気にできる存在でありたいと思います◎

それでは今日も素敵な1日を◎

noriko